eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


部下育成の効果をあげるために、どんな工夫をしていますか?

部下育成の効果をあげるために、どんな工夫をしていますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

マネージャーの仕事は、単に業績に対する責任があるだけではなく、部下育成が大きな比重を占めます。部下の能力を上げるということは、部下に学習する機会を与え、知識とスキルを身につけさせることです。

しかし、どの部下に対しても同じ教育方法、学習方法を強いるのは無理があります。にも関わらず、得てして、マネージャーの学習スタイルを強要しがちです。

反復練習でうまくいったと思っているマネージャーは反復練習を、筆記することで学習効果をあげたマネージャーは、それを強く提案するでしょう。

しかし、部下一人ひとりにも学習スタイルがあります。効果的に学ぶためのそれぞれのルートがあるのです。

(『「小さなチームは組織を変える―ネイティブ・コーチ10の法則」』伊藤守著より抜粋編集)


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

ラーニング/学習 育成/成長

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事