eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


部下にコーチングしてもらったことはありますか?

部下にコーチングしてもらったことはありますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

コーチングをしているときに、ふっと思い立ってクライアントの方にコーチになってもらうことがあります。

コーチングでは、相手のテーマについて、さまざまな角度から見る努力をします。そして、さまざまな角度から相手のテーマを見ることで、凝り固まった自分の首筋が少し柔らかくなります。

すると、自身のテーマについても、もう少しいろいろな視点から見ることができるようになるわけです。

部下に「どうすれば俺はもっといい上司になれると思う?」といってみましょう。
相手は一瞬「えっ?」という顔をしたあとに、きっと素晴らしいコーチングをしてくれることと思います。

相手のためにも積極的にコーチングしてもらいましょう。
コーチングをすることで得をするのはコーチングを受ける人だけではありません。コーチングをする人もまたコーチングされるのです。
『新 コーチングが人を活かす』(鈴木義幸著)より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

上司/部下 視点を変える

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事