eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


どのくらいの頻度でエネルギー補充していますか?

どのくらいの頻度でエネルギー補充していますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

車が走るためにはガソリンが必要なように、人が行動するためにはエネルギーが必要です。行動することばかりに躍起になって、エネルギーの補充を怠ると、ガス欠になって思いがけないトラブルが発生することもあります。

もしあなたが誰かをコーチする立場にあるとしたら、車を走らせるときガソリンの残量をこまめにチェックするように、その人のエネルギーに絶えず意識を向けている必要があります。

相手が頻繁にガス欠に陥っているようだったら、エネルギーを補充するシステムを一緒につくってみたらどうでしょうか。

車を走り続けさせるためには "定期的" にガソリンを注入するように、その場限りの打ち上げ花火ではなく、毎日あるいは少なくとも2、3日に1回はエネルギーが注ぎこまれるシステムを。

一方的に「これをやれ」というのではなく、質問をして相手に考えてもらいます。

「どうしたら定期的に自分のエネルギー補充できると思う?」

もちろんいいアイデアをあなたが持っていたら "提案" してみるのもいいでしょう。

『新 コーチングが人を活かす』(鈴木義幸著)より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

エネルギー 対話

コーチング・プログラム説明会 詳細・お申し込みはこちら
メールマガジン
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事