eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


相手への関わり方を迷ったとき、どうしていますか?

相手への関わり方を迷ったとき、どうしていますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

コーチングをはじめたばかりの新米コーチが犯してしまうミスのひとつが、すべてのクライアントに対して、同じスタイルのコーチングをしてしまうことです。

しかし、目標に向けてどのようなサポートを必要としているかは、クライアントそれぞれ違うし、クライアントのそのときの状態によっても変わります。

ただ励ましてほしいとき、
鋭く突っこんでほしいとき、
笑い話で盛り上がりたいとき...。

経験を積めば、コーチの側でクライアントがなにを欲しているか、だいたい察知することができるようになりますが、それでも迷うときは多いものです。

だから、クライアントのリクエストをきくことが大事になります。
「今日はどんなコーチングをしたらいいでしょう?」
思い切ってクライアントにきいてしまうんです。

職場でも、どんなサポートを相手が欲しているのか迷ったら、いっそきいてみるのがよいと思います。
少なくとも「あいつのためだ」と、あなたの思いこみで相手を苦しくさせてしまうよりは、ずっと"あいつ"のためになるでしょう。

『新 コーチングが人を活かす』(鈴木義幸著)より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

コーチングスキル/コーチング 問い/質問

コーチング・プログラム説明会 詳細・お申し込みはこちら
メールマガジン
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事