eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


自分と意見の違う相手と向き合った時に、どんな心境になりますか?

自分と意見の違う相手と向き合った時に、どんな心境になりますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

私たちは、自分が創り上げてきた物語の中で生きています。自分の物語から世界を見て、その物語を通して、現状と向き合っています。相手の物語と自分の物語が異なることを知ったとき、そこに好奇心や興味が湧いてくることもあれば、抵抗や葛藤、反発が起きることもあります。コーチと話しながら、私は自分が今、物語と物語の対立の間にいることに気づきました。

私たちは今、様々な物語をもっている人たちと共に、自分たちの組織にとっての新しい物語を創っていこうとしています。変革というプロセスは、物語を一緒に創っていくプロセスでもあれば、自分たちが異なる物語をもっていることを認めていくプロセスでもあるのかもしれないと解釈し始めています。
(以上、Coach's VIEW『共に物語を創る』より抜粋編集)

自分と意見が違う相手とどのように向き合っていくことを選び直しますか?


この記事を周りの方へシェアしませんか?

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

価値観 捉え方

コーチング・プログラム説明会 詳細・お申し込みはこちら
メールマガジン

関連記事