マネジメントに使えるコーチング

マネジメントに変化を起こしたいなら、スキルを学ぶよりまずは部下と話す時間をつくること。毎回じっくりと話す必要はなく、日常の必要な場面で短く話すことのつみ重ねが、やがて部下やあなたのマネジメントに変化をもたらします。その最初のステップや「1on1ミーティング」にも活用できるヒントがここに!


事例で学ぶ 1on1(40)人がチームに求めるもの

事例で学ぶ 1on1(40)人がチームに求めるもの
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

社員は仕事で自分が評価されたいと考えています。同時に1人前として扱われること、チームの一員として仲間に加えられることを求めています。

では、社員はチームに何を求めているでしょうか?
なぜチームの一員でありたいと思うのでしょうか?

それについて調査をしました。4社70人へのインタビューによれば、

  • 足りない部分を補う
  • 自分が貢献できる場、自分が刺激を受ける場
  • 1+1=5となる、マイナスをプラスにする力
  • 安心感、達成への動機づけ、冒険するための基地
  • 共に成長していける仲間、助け合える間柄
  • フィードバックがある
  • 知識や経験、スキルを分かち合い、教え合うことができる
  • 新しい視点
  • 所属しているという安心感
  • そのチームの一員であることへの誇り
  • おたがいの強みを生かし、目標達成に向けて、力を結集すること。おたがいに興味・関心を持って、影響し合うこと
  • チームゴールが持て、楽しくやれる
  • 自分のリミットを広げられる
  • 自分とは違う仕事のスタンス、視点、とらえかたに触れて、新鮮に取り組める
  • 一緒にゴールをめざすという一体感、高揚感
  • チームでいることにより、おたがいが予想以上の成果を引き出せること
  • 個人では成し遂げられない想像以上の大きなゴールを達成すること
  • おたがいにゴールとその先のビジョンをリマインド(再認識)し合うことによって、ゴールに対して高いコミットメントを保ち続けること
  • エキサイトメント(興奮、高揚)
  • 協力が得られること、協力することができること
  • 安心感

個々にチームに期待するものは違いますが、総じてチームは「コミュニケーションのプラットフォーム」であり、そこが「学習」の場であることを裏づける結果です。
目標や目的に向けて行動を持続させる動機づけがあること。自分が他の人に対して援助することができること。そして、パフォーマンスの評価。
チームは、個々の仕事のパフォーマンスをアクノレッジする場であると言えます。

(『「小さなチームは組織を変える―ネイティブ・コーチ10の法則」』伊藤守著より抜粋編集)

■ TIPS for 「1on1ミーティング」

●チームについて問いかける1

「あなたにとってチームとは?」
「あなたはチームに何を求めているでしょうか?」
「なぜチームの一員でありたいと思うのでしょうか?」

こうした質問を自分自身、そして、チームメンバーの一人ひとりに問いかけてみましょう。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

事例で学ぶ 1on1

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事