マネジメントに使えるコーチング

マネジメントに変化を起こしたいなら、スキルを学ぶよりまずは部下と話す時間をつくること。毎回じっくりと話す必要はなく、日常の必要な場面で短く話すことのつみ重ねが、やがて部下やあなたのマネジメントに変化をもたらします。その最初のステップや「1on1ミーティング」にも活用できるヒントがここに!


コラムで読むコーチング事例(18)自分とは違うタイプの相手と関わるヒント

コラムで読むコーチング事例(18)自分とは違うタイプの相手と関わるヒント
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

これまでHello, Coaching!で掲載した選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。


さまざまな組織でコーチングがどのように機能しているのか、リーダーたちがどのようにコミュニケーションの変革に挑んでいるのか。どのような関わりが人を活かし、組織を動かすのか。
事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

自分とは違うタイプの相手との対話や仕事は、新たな視点・体験を得られて刺激的な一方で、ちょっとストレスやソワソワも....。もし、そんなストレスはちょっと脇において、違い自体を楽しめたら...もっともっと可能性は広がるはず!

そこで、今回は、「違い」を楽しむリーダーたちの事例コラムをお届けします。

違いを楽しむためにできること

「これまでは、自分の考えと異なることが起きるとストレスを感じていた」と語るリーダーが「違いを楽しめるようになった」取組みとは? > 記事を読む

価値観の違いを知るということ

一緒に働く仲間とそりが合わず、ズレとイライラを感じていた医師。相手へのある問いかけをきっかけにその捉え方が変わり... > 記事を読む

因果を崩す

レッテルを貼ることでリスク回避できる反面、失うものもあります。「部下が◯◯で困る」というリーダーに、エグゼクティブコーチが問いかけたこととは? > 記事を読む


▼あわせて、こちらもぜひ!

書籍紹介
『新 コーチングが人を活かす』第6回 おたがいの違いを愛する
コーチングの基本
【図解】「タイプ分け™」とは 〜あなたはどのタイプ?タイプ分けで上手くいくコミュニケーション

バックナンバー

コラムで読むコーチング事例
選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。
事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

コラムで読むコーチング事例 コーチング事例

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事