米国コーチング研究所レポート

ハーバード大学医学大学院の外郭団体、「コーチング研究所/Institute of Coaching (IOC)」所蔵のコーチングに関する論文やリサーチ・レポート、ブログなどをご紹介します。


【論文】エビデンスに基づいたコーチングとは? エビデンスの強弱を区別する2軸のフレームワーク

【論文】エビデンスに基づいたコーチングとは? エビデンスの強弱を区別する2軸のフレームワーク

ハーバード大学医学大学院の外郭団体、「コーチング研究所/Institute of Coaching (IOC)」のウェブサイトから、コーチングやリーダーシップに関する論文の要旨をシリーズでお届けします。


【論文】エビデンスに基づいたコーチングとは?エビデンスの強弱を区別する2軸のフレームワーク

著者: Grant, Anthony
掲載誌: International Journal of Evidence Based Coaching and Mentoring Vol. 14, No. 1, February 2016, 74-85
寄稿日: April 05, 2016

要旨:
コーチングに特化した、またコーチング関連の研究は、過去10年間で急増している。それと同時に、エビデンスに基づいたアプローチをコーチングに取り入れることへの関心も非常に高まっており、多くのコーチが、委託契約の中にエビデンスに基づいたアプローチを行うことを入れている。

しかし、エビデンスに基づいたコーチングがどんなものかについては、いまだ不透明であり、様々な研究とコーチングの実践との関連性をいかに見極めるかについて、公開されているガイドラインもほとんどない。

本稿では、エビデンスに基づいたコーチングの実践の特徴について論じた後に、広範な研究とエビデンスに基づいたコーチングの実践との関連性を明確にする2軸のフレームワークを提示する。

本稿の目的は、コーチングの実践に対するエビデンスに基づいたアプローチをより微細な視点から捉えることにある。

論文(PDF)はこちら


【翻訳】 Hello, Coaching! 編集部

【要旨原文】
What constitutes evidence-based coaching? A two-by-two framework for distinguishing strong from weak evidence for coaching (Summary)

本記事の著作権は、本記事提供者(原文出版社)に帰属します。当社は、Institute of Coachingを通じて原文出版社より論文要旨の翻訳及び当サイトへの掲載につき許諾を得ています。本記事(翻訳であるかないかにかかわらず)の複製、改変、転写、転載、改ざん、二次利用、部分利用等を無断で行うことは著作権法に違反する場合がありますので、必ず原文出版社に問い合わせの上、適切に許諾を取得してください。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

関連記事