米国コーチング研究所レポート

ハーバード大学医学大学院の外郭団体、「コーチング研究所/Institute of Coaching (IOC)」所蔵のコーチングに関する論文やリサーチ・レポート、ブログなどをご紹介します。


【論文】「認識」に基づいたリーダーシップ開発技術:ITCコーチングを活用する

【論文】「認識」に基づいたリーダーシップ開発技術:ITCコーチングを活用する

ハーバード大学医学大学院の外郭団体、「コーチング研究所/Institute of Coaching (IOC)」のウェブサイトから、コーチングやリーダーシップに関する論文の要旨をシリーズでお届けします。


【論文】「認識」に基づいたリーダーシップ開発技術:ITCコーチングを活用する

著者: Reams, Jonathan/ Reams, Juliane
掲載誌: International Journal of Evidence Based Coaching and Mentoring Vol. 13, No. 2, August 2015, 14-28
寄稿日: October 28, 2015

要旨:
本稿は、統合型リーダーシップ開発プログラムにおけるITC*(Immunity to Change:変化を妨げる免疫機能)コーチングの活用について考察したものであり、「認識」に基づいたリーダーシップ開発技術の一例となっている。リーダーシップにおける構成主義的な開発理論、自己認識、ITCコーチングの活用について論じる。8名のITCコーチへのインタビューから明らかになるのは、「『埋め込み』と『社会的マインドセット』」から、「『分離』と新しく出現した『自己主導型マインドセット』のエビデンス」に至る移行のプロセスである。ITCコーチングのプロセスは、リーダーシップ開発に非常に役立つという結論に達している。

*ITC(Immunity to Change):ハーバード大学のロバート・キーガン博士が開発した自己変革モデル

論文(PDF)はこちら


【翻訳】 Hello, Coaching! 編集部

【要旨原文】
Awareness based technologies for leadership development: utilising Immunity to Change coaching (Summary)

本記事の著作権は、本記事提供者(原文出版社)に帰属します。当社は、Institute of Coachingを通じて原文出版社より論文要旨の翻訳及び当サイトへの掲載につき許諾を得ています。本記事(翻訳であるかないかにかかわらず)の複製、改変、転写、転載、改ざん、二次利用、部分利用等を無断で行うことは著作権法に違反する場合がありますので、必ず原文出版社に問い合わせの上、適切に許諾を取得してください。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

関連記事