コーチングツール活用講座

部下などに対するコーチングの実践やセルフコーチングに使えるさまざまなツールを紹介するコーナーです。ツールをうまく使いこなして、コーチングをレベルアップさせましょう。


「自己認識」向上シリーズ(19)〜自分の「マネジメント力」を棚卸し、向上させよう パート2

「自己認識」向上シリーズ(19)〜自分の「マネジメント力」を棚卸し、向上させよう パート2
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

近年、リーダーに不可欠な能力として注目されている「自己認識力」の向上をテーマに、役立つツールを毎回テーマ別にご紹介。

>>バックナンバーはこちら

今回のテーマは、「マネジメント力」パート2です。

部下に成長し続けて欲しいと願うなら、まずリーダー自身が成長し続ける必要があります。
たとえば、次の2つの問い、あなたはどう答えますか。

この3ヶ月で、あなたは、
マネジメント力をどのくらい向上させてきましたか?

ここからの3ヶ月で、あなたは、
どんなマネジメント力を向上させたいですか?

ぜひこの2つの問いとともに、今回ご紹介するツールに取り組んでみてください。
そして、リーダーとしてのあなたの「ここまで」を棚卸しするとともに、「ここから」をデザインしてみてください。

チームに必要とされる「マネジメント力」とは?

まずご紹介するのは、10個の設問に答え、指導者としての市場価値向上力を測るこちらのテストです。

指導者としての市場価値向上力テスト

Test.jp 指導者としての市場価値向上力テスト(無料)

監修は、プロのフィジカルコーチとして、三浦知良選手をはじめ、数多くの代表選手を指導してきた喜熨斗勝史氏。数々のJリーグチームを渡り歩き、日本サッカー界の最高指導資格S級ライセンスも持つ喜熨斗氏は、指導者として常にチームに必要とされ、新天地で活躍してきました。

このテストでは、そんな喜熨斗氏の知見をもとに、部下育成に取り組むリーダーが意識したい10項目で、「指導者としての市場価値向上力」を診断します。

たとえば、次のポイント、あなたはいかがでしょうか?

「周囲のメンバーの強みや課題を見つけては、日々それに気づかせている」
「指導者である自分が主体ではなく、常にメンバーが主体という意識で接している」
「ティーチングとコーチングの使い分け方を理解し、実行に移している」

ただ回答するのではなく、ぜひ具体的に、日々のシーンを振り返り、今後増やしたいシーンをイメージしながら回答してみてください。そうすることで、現状の診断に止まらず、セルフコーチングの機会としても活用することができるテストです。

あなたのマネジメントスタイルは?

次に紹介するのは「管理型マネジャー」と「コーチ型マネジャー」の関わりや意識を対比して、全部で32項目のリストにまとめたこちらのツールです。

管理型マネジャーから コーチ型マネジャーになる(Test.jp 内「コーチヴィル」より)

たとえば、あなたは、AとB、どちらが近いでしょうか?

A:管理職であるという強い認識を持っている
B:グループの一員だという意識を持っている

A:リスクをおかさない
B:リスクをおかすことを考慮し、対処法を準備している

A:従来のやり方を大切にする
B:新しいやり方、可能性を作り出す

A:問題を解決する
B:問題が起こらないようにする

A:気にかけていることを伝える
B:気にかけていることを態度で示す

おわかりのとおり、Aは管理型マネジャー、Bがコーチ型マネジャーです。

ビジネスが多様化し、個性が求められる現代では、「コーチ型マネジャー」がさまざまな場面で求められることが多くなってきました。とはいえ、目的は「コーチ型マネジャー」になることではありません。

大切なのは、目の前の部下の力を活かし、あなたが率いるチームや組織をうまく活かせることです。

まずは、現状、自分がどちらの関わり方をしていることが多いかを認識した上で、部下の顔、チーム・組織の様子を思い浮かべながら、次の問いと共に、マネジャー・リーダーとして、まずはどんな変化に取り組むのかを考えてみてください。

部下の力や可能性をもっと活かすために、取り組むといいのはどの項目だろうか?
チームや組織をもっとうまくいかせるために、効果的なのはどの項目だろうか?

いかがでしたか?

まずはぜひ自分について活用してみてください。

そして次に1on1ミーティングなどで、次のリーダー候補やマネジメントに関わる部下とも活用してみてください。

※「マネジメント力」パート1は、こちら

>>バックナンバーはこちら


この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

アセスメント リーダー開発 自己認識

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事