Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


バースデイメッセージ

「常に強く打て」。

これは先日、会社の帰りがけに目にとまった夕刊の見出しです。
その記事は、プロテニスコーチのニック・ボロテリーについて
書かれたものでした。
ニック・ボロテリーは、現在世界一のテニスコーチといわれています。
指導した選手は、アンドレ・アガシ、ボリス・ベッカー、
モニカ・セレシュ、ウィリアムズ姉妹、
そして最近ではマリア・シャラポワなど、枚挙にいとまがありません。

これらのプロテニスプレーヤーの共通点は「ハードヒッター」。
彼の指導の原点は常に「ビッグヒッター(強く打つ選手)」を
目指せというものです。
サーブでもフォアでもひとつずつ強いショットを身につけていけば、
それが自信となり、上の段階へ進んでいける。
徹底的に強みを伸ばすコーチング。
それが、彼の指導の根本だといわれています。

さて、私自身の仕事上の強みを考えてみると、
まず一番は、人前で話すこと。
今年もコーチングに関する講演や研修を150回以上行っています。

次に、新しいプロジェクトを創り出すこと。
これまでに、生涯学習開発財団の後援を得て
コーチの資格制度をはじめたり、
日本コーチ協会を立ち上げてNPOにしたり、
最近ではNTTドコモさんと
携帯電話上でのコーチングのEラーニングをはじめたりしています。

コーチ・トゥエンティワンでの私の立場は、副社長です。
副社長としての仕事は、社内に対するものと、
社外に対するものと大きく二つに分けることができるわけですが、
自分自身の強みがどこで発揮されているかを考えてみると、
圧倒的に社外に向けての仕事が思い浮かぶのです。

3年前の誕生日に、私のコーチであり上司である社長の伊藤から
バースデイメッセージをもらいました。
そのメッセージは次のような言葉で結ばれています。

「将来、桜井君が、会社の外に出かけて行って、
 自由に思う存分活躍できるような環境をつくりましょう」

そのころの私はまだ自分の強みについて
今のようにはっきりとは意識していなかったように思います。

私たち日本人は、とかく弱点を克服することに目を向けがちです。
もちろん、弱点を克服して
オールラウンドプレーヤーを目指すことは大切なことだと思います。

しかし、時には、徹底的に相手の強みを伸ばす。
相手が、自分自身でさえ気づいていない強みにフォーカスし、
引き出し、強化していく。
これは、コーチングの基本をなす
重要な考え方のひとつだといえるでしょう。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事