コーチングの基本

コーチングの歴史、具体的なコーチングスキルなど、コーチングとは何かを知るための基礎知識をご紹介します。


第2回 キャッチボールとの出会い: 最初のキャッチボール

第2回 キャッチボールとの出会い: 最初のキャッチボール
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました
第1回 【はじめに】 コミュニケーションはキャッチボール
第2回 【キャッチボールとの出会い】最初のキャッチボール
第3回 【キャッチボールとの出会い】キャッチボール・イン・ニューヨーク
第4回 【キャッチボールとの出会い】ボールを探して
第5回 【キャッチボールとの出会い】気もちを伝えるキャッチボール
第6回 【キャッチボール上達法】返ってこないボールを求めて

コミュニケーション研修で講師が体験したこと

1984年の春、コミュニケーションの研修の講師をしていたときのことです。

そこに、ひとりの中学校の先生が参加しました。女性で、年齢は30歳ぐらいだったと思います。彼女は、とても警戒心の強い、論理的でないことは受けつけないタイプでした。
少し打ち解けて話したいと思い、いろいろ試しました。しかし、言葉を交わしても、かみ合わない。言葉上の意味は通じているのだけれど、「伝わっている」という実感がない。言葉は交わしているけれど、気もちはつながっていないという状態です。だから、不全感だけが募り、疲れてしまう。そんなやりとりが30分から40分続いたでしょうか。いよいよわたしも打つ手がなくなり、沈黙が続きました。

そのときです。

たまたま部屋の中にあったゴムボールが目に入りました。

最初のキャッチボール:研修で使用するゴムボールが沈黙を破るきっかけに

わたしは研修のときに、よくいろいろなものを持ち込みます。「コミュニケーションが途絶えたときに使う道具として」です。ゴムボールはそのひとつでした。わたしは、そのボールを拾って、彼女に向かってちょっと投げてみました。

おもしろいことに、人って、ボールを投げると、受け取って、それから、必ず投げ返してくるんですね。そのときの彼女もそうでした。自然に私にボールを投げ返してきました。そこで、わたしはまた彼女にボールを投げました。するとまた返してきました。

次にまたボールを投げるとき、彼女に向かって言いました。

「あんまり、話が噛みあわないね」

そうしたら彼女がボールを投げ返しながら、「そうね」と言いました。

「そうね」は、彼女との会話における「最初の同意」でした。それまでの二人の会話にはなんの同意もありませんでしたから。

コミュニケーションとは、キャッチボールを繰り返しながら、最終的に同意に向けて行われるものです。同意のないコミュニケーションは、人を疲弊させます。未来が閉ざされる感じを受けるのだと思います。

それでわたしは、彼女に向かって「同意があったね」と言ってボールを投げました。すると彼女から「そうね」って。

これが二つ目の同意でした。

こうなると、すごく感じがよくなってくるんです。そこで、ボールを投げながら尋ねました。


「学校はどうなの?」
「たいへんなのよ」と投げ返してきました。

「子どもが?」と聞いたら、
「子どもも」

「子どもだけじゃないんだ?」
「親もね。それから同僚の先生もね、上の先生もたいへん」

「何がどうたいへんなの?」
「やっぱり間違っちゃいけない、正しくなければいけないとか、模範じゃなければいけないっていうのに、ちょっと疲れたのかな」

彼女は、そう言いながらボールを投げ返してきました。

そこで、わたしはまたボールを投げながら言いました。

「そういうことを思っていたんだね」
「そういうことを思っていたのよ」

「早く言ってよ」
「言いにくかったから」

「そうか」
「うん」


それが、はじめてのキャッチボールでした。
彼女とのキャッチボールをしながらのコミュニケーションはとても楽で、言葉も出やすく、そして、聞き取りやすいものでした。キャッチボールが、適度な集中とリラックス、そしてコミュニケーションの楽しさをもたらしたのです。おそらくボールをやりとりすることで、それまで頭と頭で行われていた「やりとり」が、身体のレベルまで下りてきたのだと思います。

でも、そのときは、まだ、キャッチボールがコミュニケーションに影響を与えるとは思っていませんでした。しかし、それから数ヶ月して、その先生から手紙が届きました。
「いま、わたしは、生徒とときどきキャッチボールをしています」

出典

コミュニケーションはキャッチボール itoh.comより抜粋編集
コミュニケーションはキャッチボール』(ディスカヴァー刊)伊藤守著より抜粋編集


この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

コミュニケーション コミュニケーションはキャッチボール® コーチングスキル/コーチング

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事