eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


自分がうまくいっているかどうかを、あなたはどうやって判断していますか?

自分がうまくいっているかどうかを、あなたはどうやって判断していますか?

自分の仕事ぶりについて知るための最も効果的な方法の1つは、
「フィードバック」を受けることです。

フィードバックを受けないでいると、
「裸の王様」状態で、間違った方向へ突き進むことにもなりかねません。

それを避けるには、フィードバックをもらう必要があります。

とはいえ、フィードバックは、するほうも勇気がいりますから、待っていても手には入りません。
特にあなたが上司であったり、年上の場合は、なおさらです。

フィードバックは自分からもらいにいくこと。

それと同時に、相手がフィードバックしやすいように、次のような配慮が必要です。

・ 「自分の成長や前進のために率直なフィードバックをして欲しい」と伝える。

・ 漠然と聞いても相手は答えにくいもの。
 具体的に「何についてフィードバックが欲しいか」を伝えるようにする。

・ 反論や言い訳をしたくなっても、ぐっと我慢して、まずは最後まで聞く。

・ 聞くときの表情に気をつける。できる限りニュートラルに聞く。

・ 最後に、フィードバックしてくれたことへの感謝を伝える。

時には、耳に心地よくないフィードバックも返ってくるかもしれません。
けれど、見方を変えれば、それこそ改善や成功への重要なヒントでもあるのです。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

フィードバック 聞く

関連記事