eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


日々の「小さな変化」にどのくらい気づいていますか?

日々の「小さな変化」にどのくらい気づいていますか?


私たちは、意思決定する必要に迫られたとき、
たいていの場合、過去に経験したことを参考にした
「メンタルモデル」を使って決定しています。

メンタルモデルとは、
「自転車は危険だ」
「近江牛はやわらかい」
「バスは時刻通りに来ない」
など、過去の経験の中で無意識に形成された概念のことを言います。

過去と似たような意思決定を求められる場面で、
毎回最初から考えていては、大変な時間と労力がかかります。

そこで、私たちはメンタルモデルを使って「思考の省力化」を行っているのです。

しかし、メンタルモデルを使って「早く結論を出そうとする」傾向は、
弱みとなることもあります。

過去に経験したことと似ていれば、
従来のメンタルモデルを素早く適用することを優先するため、
「小さな変化」が見逃されてしまう可能性があるからです。

「これまで経験したことがある問題と同じだろうか?」と自分に問いかけ、
「ちょっとした違い」や「変化」に意識を向けることができれば、
意思決定の誤りを減らすことができるかもしれません。


Coach's veiw『「小さな変化」に目を向ける(粟津恭一郎)』より一部抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

意識変革

関連記事