eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか3分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


苦手な人とどのようにつきあっていますか?

苦手な人とどのようにつきあっていますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

苦手な相手とのコミュニケーションはどうしても避けがちになります。

コミュニケーション量が減れば、ますますコミュニケーションが億劫になるものです。こうして苦手な相手は、さらに苦手な人となっていきます。
  
苦手だと感じる相手にこそ、自分から積極的に話しかけたり、質問したりしてみましょう。コミュニケーションを少しずつ重ねることで、案外、相手の良い部分が見えて、相手のイメージが変わることがあります。
  
とはいえ、苦手な相手とのコミュニケーションはなかなか気が重いものです。ぜひ次のようなサポートシステムを活用してみましょう。

● もともと苦手だったが、今はそうではない相手

彼らとは、どのようなプロセスを経て今に至っているでしょうか? 
そこにはきっと大きなヒントがあります。

● 人づき合いにおいて、モデルとなる人にアドバイスを求める

誰とでもうまくつきあっている人、苦手な人とも積極的にコミュニケーションしている人に、その秘訣やヒントを聞いてみましょう。

● タイプ分けを活用する

苦手の背景には、往々にして「未知の部分」や「タイプの違い」があります。それらを知ることでコミュニケーションのイメージや軽やかさを手にすることができます。

●「同じところ」に注目する

苦手な相手とは、どうしても「違い」に注目しがちです。ですが、必ず「同じ」ところもあるはずです。たとえば、「成果を大事にする」「仕事熱心である」「スポーツが好き」「好きな食べ物」など、何でも構いません。共有できるところに目を向けてみると、案外話がはずむかもしれません。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

聞く 視点を変える

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事