eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


一人ひとりの部下について考える時間をどのくらいもっていますか?

一人ひとりの部下について考える時間をどのくらいもっていますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

コーチング型マネジメントを実践するには、まず、次の「2つの時間」の確保が必要です。

・部下について考える時間
・部下と実際に関わる(会話や対話をする)時間

この2つの時間は、互いに連動しています。部下についての理解が深まれば、どのタイミングで話しかけるのがよいか、また、どんな内容について話せばよいかがわかってくるようになります。

部下について考え、部下と話す。このサイクルを繰り返すことで、部下に対する理解は深まり、結果としてより深くより大きなテーマについて話ができるようになっていきます。


リーダーシップミニ講座 できるマネジャーが実践しているコーチング型マネジメント 「第4回 コーチング型マネジメントのコミュニケーション」より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

コミュニケーション 上司部下

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事