eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


「成果」以外に、どんな視点で部下を認め、アクノレッジしていますか?

「成果」以外に、どんな視点で部下を認め、アクノレッジしていますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

実際に達成したことや成し遂げたことをアクノレッジし、成功実感をもたせることを、「成果承認」といいます。「成果承認」は、タイミングもわかりやすいので、最もしやすいアクノレッジメントと言えるでしょう。

ただ、承認したほうがいいのは成果ばかりではありません。相手がとった望ましい行動やこれから成果につながりそうな行動をアクノレッジしたり(行動承認)や、目標達成を目指す上で現状どこまで来られたか、つまり成長をフィードバック(成長承認)も大きな意味があります。まだ成果まではいかなくとも、「成果に向けて確実に前進している」ということをアクノレッジするのです。

成果に向けた行動や、成長をアクノレッジするには、注意深い観察が必要です。それゆえ、こうしたアクノレッジは、「自分のことをよく見てくれている」という安心感や信頼感を伝える好意にもなるのです。


Coach's View『アクノレッジメントで活気と成長を生み出す 第3回 相手の「成果」「行動」「成長」をアクノレッジする』より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

信頼関係 承認

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事