eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


あなたのチームの自責度は?

あなたのチームの自責度は?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

「コーチングは何であるか」ということについて、いろいろな言葉で喧伝されていますが、一つの揺るぎない定義は、「相手に全てを『自責』で考えさせるための手法」だということです。

「あの人のせいで自分はこうなった」というのをコーチは決して受け取りません。「他責」で考えている限り解決策は生まれようがないですから。

よく「コーチングは仏のアプローチだね」などと言われます。相手を認めるし、相手の話に耳を傾けるし。が、コーチはただ優しい笑みをたたえただけの仏様ではありません。

時には相手のために厳しい表情をするときもあるわけです。


Coach's view「『自責』で考えさせる」より抜粋編集



※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

組織開発 育成/成長

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事