eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


相手のその人らしさをどんな風に把握していますか?

相手のその人らしさをどんな風に把握していますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

人はそれぞれ違います。わかりきっていることではありますが、実際のコミュニケーションの最中は、話の内容にとらわれて観察力が低下し、違いが見出せなくなることがよくあります。しかし、落ち着いて観察すると、その人らしさや、その人のパターンにいろいろ気がつきます。

・この人はどんなことに価値をおいているだろうか
・論理的な考え方をするほうだろうか、それとも感覚的だろうか
・思ったことを口にするほうか、それとも抑えるほうか
・人間関係を築くのは得意だろうか
・人にどんな影響を与えようとしているだろうか

ふだん、私たちは人にレッテルを貼ってしまっているものです。そのため、目の前にいる本人を観察して、そこから情報を得るのではなく、自分の貼ったレッテル(記憶)から情報を引き出し、対応してしまいがちです。

「今、ここで」の情報をもとに、コミュニケーションを発展させるには、聞くことや見ることを通して、「観察する」ことです。それによって、相手の受け取りやすい言葉や表現方法を選ぶことができるようになります。

「人はそれぞれ違う」ということは、忘れられがちな「事実」です。「コミュニケーション」と「観察」は切り離せない関係にあるのです。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

コミュニケーション 聞く

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事