eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


心からの気遣いを示すために、具体的にどんなことをしていますか?

心からの気遣いを示すために、具体的にどんなことをしていますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

人はそもそも、他人を気にかけたり、他人から気にかけられたりすることを望むものです。
自分が、大切な存在であることを確認したいのです。

しかし、残念ながら、日々の多忙な仕事環境の中で、私たちは、こうした基本的なことをつい忘れてしまう傾向にあります。

どんないそがしさの渦中にあっても、リーダーは、次のような具体的な取り組みを通して、チームおよび各チームメンバーに対して、心からの気遣いを見せる必要があります。

●チームメンバーのそれぞれが大切にしていることを知り、定期的にそのことについて尋ねる

チームメンバーの個人的な側面についても知り、折に触れ、尋ねることは、彼らに関心を寄せていることを示す最高の表現方法です。そうすることで、チームメンバーに「気にかけている」ということを示すだけでなく、チームメンバーの動機や価値観についての情報を得ることもできます。

チームメンバーからすれば、仕事の生産性ばかりでなく、人として気にかけてもらっていることを実感するため、リーダーへの信頼にもつながります。

ただ、個人よって、距離のもち方には好みがあるので、無理な距離のもち方を強制しないことも重要です。

●毎朝、各メンバーの様子を確認する

調子はどうか?
その日のスケジュールはどうなっているか?
メンバーがリーダーに報告すべきことはないか?
メンバーに報告すべきことは何か?

ひとりに3-5分ほどの時間を投資するだけで、信頼だけでなく人間関係も築かれ、さらに系統だった情報交換まで行うことができます。

できるマネジャーが実践しているコーチング型マネジメントのススメ 第2回

「心からの気遣いを示す」より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

チーム マネジメント

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事