eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


あなたの組織には「一緒に考える」風土はどのくらいありますか?

あなたの組織には「一緒に考える」風土はどのくらいありますか?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

コーチングと聞くと、多くの方が「引き出す」というキーワードを連想されるようです。確かにコーチ・エィでも、過去にはこの「引き出す」という言葉をよく使っていました。

しかし現在は、コーチングを「二人の間に問いを置いて、その問いを共有し、一緒に考えるプロセス」と捉えています。

「一緒に考える」とは、「問いを共有し、それについて対話する」こと。
評価する側とされる側になったり、質問する側とされる側になったりすることなく、対等の関係で、そして、両者が当事者になって対話をすることです。

「その問題はなぜ起こったのだろうか?」ではなく、「私たちは、その問題に対してどのように一緒に取り組んでいけるだろうか?」といった問いを共有します。

そこには正解も不正解もなく、お互いのアイディアや不確かな意見、感情をぶつけ合いながら、全く新しいアイディアや情報に昇華させていくのです。

「一緒に考える」には、双方が等身大になり、結果的に互いの考えや感情を正直に話すことができる効果があるのです。


Coach's view
「『引き出す』関係から『一緒に考える』関係へ」より抜粋編集


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

たな卸し 問い/質問

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事