eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


あなたが部下に質問する目的は?

あなたが部下に質問する目的は?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

チームメンバー一人ひとりの持っているリソースを提供しあえる環境をつくるのは、マネージャーの仕事です。そのベースとなるチーム内のコミュニケーションをつくるのもマネージャーの仕事です。マネージャーは、コミュニケーションのプラットフォームを運営するファシリテーター(促進者)でもあります。

そのためにマネージャーに求められるのは、効果的な質問をつくり出す能力です。

しかし、質問は、状況やタイミング、言いかたによって、効果的にもなれば、非効果的にもなります。どんなにいい質問でも、相手、タイミング、そして新鮮さがないと、部下の答えようとする意識にアクセスすることができません。上司の欲しい答えを暗に要求するような質問は、部下から今以上のアイデアを望めません。

効果的な質問は、部下がコミュニケーションをスタートすることを可能にします。優れたマネージャーは、部下に考えさせるために質問をします。また、部下に未来を予測させる、アイデアを出させる、そのアイデアを行動に移すためのアイデアを出させる、問題をはっきりさせる、目標までの過程を想定させる、視点を変える、モデルを探すなどの目的を持って質問をつくり出すのです。

『「小さなチームは組織を変える―ネイティブ・コーチ10の法則」』伊藤守著より抜粋編集)


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

ゴール 質問力

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事