eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


あなたにとって「やっかいなこと」とは?

あなたにとって「やっかいなこと」とは?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

「レジリエンス」という言葉があります。元々は物理学の言葉で、「外力による歪みを跳ね返す力」という意味です。これが転じて、「精神的回復力」「抵抗力」などの意味を表す心理学用語として昨今は使われています。

マネジメントの世界で「彼はレジリエンスが高い」と言えば、大きなストレスに遭遇しても、それをもろともせず、前に進んで行けるような人のことを表現します。

このレジリエンスを、どうすると高く保つことができるのか。いろいろと方策は論じられていますが、一つの大きなキーファクターは、「自分の役割に付随してくるであろう『やっかいなこと』までを、あらかじめ引き受けてしまうこと」だと思います。

何も、管理職や経営者という役割に対してばかりではありません。
どんな役割を引き受けても、「やっかいなこと」は必ずついてきます。

何をやっかいだと思うかは、人によって元々差があると思いますから、まずは、「あなたにとってのやっかいなこと」を、イメージしてみてください。

そして、ぜひ、それらを「あらかじめ」心の中で引き受けてみてください。 いざというときのレジリエンスは、間違いなく高まりますから。

(以上、Coach's view『リーダーに必要な折れない心〜レジリエンス〜覚悟を決めると何が変わるのか』より抜粋編集)

さて、あなたはどんな「やっかいごと」を引き受けると決めますか?


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

エネルギー 心理的安全性

コーチング・プログラム説明会 詳細・お申し込みはこちら
メールマガジン
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事