eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


「弱みの開示」が、私たちにもたらすこととは?

「弱みの開示」が、私たちにもたらすこととは?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

多くの成功体験を積み重ねてきたリーダーにとって、「知らない」、「わからない」と公言するのは困難なことかもしれません。ましてや、部下に対して知識不足や経験不足を開示すれば、信頼を失うのではないかという不安から、二の足を踏むのは当然です。

しかし、弱みの開示は、新たな関係の可能性を創り出すきっかけになることも確かです。

なぜなら、「弱み」の開示は、自分が生身の人間であることを、相手に伝えるメッセージだからです。

部下があなたを「リーダー」という役割だけではなく、一人の人間として見ることで、そこに、共に仕事をするという「共創」の場の可能性が生まれるのです。「部下の目」に見えていることを「聞く」機会も増えるでしょう。

さらに、自分自身を正直にさらけ出すことは、フィードバックを受ける機会にもつながります。

フィードバックによって、他の人の目に映る自分を知ることは、自己認識を深める機会になります。

(以上、Coach's VIEW『笑われないようにするか、たまに笑われるか』より抜粋編集)

さて、あなたの「弱み」はなんですか?


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

フィードバック リーダー/リーダーシップ

コーチング・プログラム説明会 詳細・お申し込みはこちら
メールマガジン
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事