リーダーシップミニ講座

リーダーシップとは、リーダーという立場にある人だけに必要なものではありません。どんな役割、立場にある人にも、リーダーシップが求められます。優れたリーダーは、周囲とどのように関わり、どのように物事を推進しているのか。ワークに取り組みながら、コーチ型リーダーのコミュニケーションについて学ぶためのミニ講座です。


できるマネジャーが実践しているコーチング型マネジメントのススメ 第1回 はじめに

できるマネジャーが実践しているコーチング型マネジメントのススメ 第1回 はじめに
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました
第1回 はじめに
第2回 コーチング型マネジメントとは
第3回 コーチング型マネジメントを「いつ」使うのか
第4回 コーチング型マネジメントのコミュニケーション
第5回 コーチング型マネジメントが活きるとき

「なぜ今、コーチング型マネジメントなのか?」

この問いへの答えは、マネジャーに期待される役割が変化、多様化していることに直結します。

急激にビジネス環境や社会構造が変化する中、組織において、従来の指示命令型とは違うマネジメントでは対応できない状況が生まれてきています。

多くの企業では、未だに、現場におけるパフォーマンスの高さによって、マネジャー職を任命しています。指示命令型マネジメントにおいては、マネジャー自身の実績や経験は強力なリソースとなりました。しかし、急速に変化するビジネス環境において、過去の経験に基づいて先を見通すことはますます難しくなり、また、年功序列や終身雇用の終わりとともに「権威主義」も力を失ってきています。経験や実績に基づく指示命令を中心にしたマネジメントでは、チームをを率いていくことが難しくなっているのです。

そのような中、マネジャーに求められるようになってきたのが、「管理を超えた関わり」です。

  • 部下の価値観と企業のゴールをリンクさせる
  • 部下の自発性を促す
  • 現場や部下からの提案やアイディアを引き出す
  • 部下一人ひとりの強みを引き出し、発揮させる
  • 部下やチームの成長を加速させる

これらを実現する一歩踏み込んだコミュニケーション力。その強化こそが、マネジメント、そして組織を成功させる鍵となってきています。

部下との関わりを重視し、部下の能力を最大限に引き出すことに焦点を当てた新たなマネジメントスタイルが、「コーチング型マネジメント」です。

コーチング型マネジメントとは?

コーチング型マネジメントとは、「コーチングスキルを身につけ、それを活かしてマネジメントすること」です。コーチング型マネジメントにおいては、業績に対する責任と、部下やチームのスキルアップや成長、能力開発についての責任は同じレベルで扱います。

コーチング型マネジメントとは、「マネジメントの全てをコーチングにする」ということではありません。コーチングは万能ではありませんし、マネジメントには、指示命令もティーチングも必要です。

ポイントは、今までのマネジメントに「コーチングをプラスする」こと。このコーチングの「取り入れ方」が重要になります。

指示命令型マネジメントと大きく異なる点が、「教える」というよりは「考えさせる」、「やらせる」というよりは「相手の自発性」に働きかけるというスタンスです。

その違いをつくり出すには、従来のマネジメントとは異なる視点、異なる方法、異なるタイミングで、部下と関わる必要があります。

今後の流れ

次のようなテーマを通して、コーチング型マネジメントならではの「視点」「方法」「タイミング」について、4回にわたって紹介していきます。

〈次回以降の具体的なテーマ〉

  • コーチング型マネジメントとはどのような手法なのか
  • コーチングが有効な場面、対象の見分け方
  • 具体的にどのような取り組み、関わりをするのか
  • 組織においてどのような形で活用・導入できるのか

コーチング型マネジメントを取り入れるためのミニワーク

何を実現したいのか〜リーダーとしてのテーマを明確にする

コーチング型マネジメントは、成果や成長に向けて、チームやメンバーの力を引き出すのに有効な手法です。そして、目的や目標がはっきりしているときにこそ、その力を最も発揮します。

まずは、あなたのテーマ、つまり、「あなたが今、リーダーとして何を実現したいのか」、「何を変化させたいのか」「チームや部下にどのようなインパクトをもたらしたいか」を改めて考えてみてください。

(できれば箇条書きで、できる限り具体的に書き出すことをおすすめします)

そして、ぜひ、その「あなたのテーマ」にコーチング型マネジメントをどのように活用できそうかを検討しながら、次回以降を読み進めてみてください。

〈書籍紹介〉

一流のリーダーほど、しゃべらない

著者: 桜井 一紀
出版社: すばる舎

ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ

著者: 伊藤 守
出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン

〈Webコンテンツ紹介〉

コーチング研究所 「Insights」
組織や部下を成長させるリーダーシップ力とは
〜リーダーの「関係構築力」は組織や部下の成長と強い相関がある

Hello, Coaching! 「講演録」
「ヤフー副社長が語るエグゼクティブ・コーチング」
 「第2回 ヤフーでコーチングがはじまる
〜ヤフーのコーチング型マネジメント


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

コーチング型マネジメント

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事