リーダーシップミニ講座

リーダーシップとは、リーダーという立場にある人だけに必要なものではありません。どんな役割、立場にある人にも、リーダーシップが求められます。優れたリーダーは、周囲とどのように関わり、どのように物事を推進しているのか。ワークに取り組みながら、コーチ型リーダーのコミュニケーションについて学ぶためのミニ講座です。


コーチ型リクエストで「能力」と「成長」を最大化する 第4回 コーチ型リーダー、コーチ型マネジャーのリクエスト

コーチ型リクエストで「能力」と「成長」を最大化する 第4回 コーチ型リーダー、コーチ型マネジャーのリクエスト

リーダーシップミニ講座、シリーズ7のテーマは「リクエスト」です。

第1回 はじめに
第2回 リクエストについて再考する
第3回 リクエストのタイミングとポイント
第4回 コーチ型リーダー、コーチ型マネジャーのリクエスト
第5回 相手に合わせたリクエスト

輪ゴムを思い浮かべてみてください。新しい輪ゴムは硬くて伸びにくいものです。しかし、一度大きく伸ばせば、元の形、硬さには戻りません。つまり元のサイズよりも「大きく」なったわけです。

人に関しても同じように考えることができます。コーチ型リーダーの役割は、チームのメンバーが本人が思うよりも大きな存在になること。そして、その後も成長し続けるようにサポートすることです。そのサポートのひとつが「リクエスト」です。

今回は、そうしたリクエストの会話例を紹介します。自身の職場を思い浮かべながら、読み進め、最後のワークに取り組んでください。

職場におけるコーチ型リクエスト

部下(以下、部)「お約束していたレポートの完成ですが、金曜日の午後でいいでしょうか?」

リーダー(以下、リ)「少し時間がかかっているね。何か障害になっていることはある? できれば、水曜日くらいには見たいんだが。 」 

「実は水曜日のお昼までに、締切りがある仕事がふたつあるんです。」

「次に先方に会うのは、来週月曜の午前中だろう? その前に、レポート内容の提示の仕方について、君と戦略をしっかり練っておきたいんだ。だから、できる限りレポートの完成を早めてほしい。」

「ありがとうございます。努力してみます。」

「早めるとしたら、いつなら可能?」

「水曜日の午後なら他の業務が終了しているので、このレポートに集中することができます。ですから、木曜日の業務時間内にお渡しできると思います。」

「そのタイミングだったら金曜日に十分時間をとれるね。」

「はい!レポートの完成ではなく、月曜のプレゼンが本当のゴールですものね!頑張ります。」

「素晴らしい!レポートを楽しみに待っているよ。」

コーチ型リクエストを身につけるためのミニワーク

上記の例では、コーチ型リクエストとして、どんなところが機能していたでしょうか?リクエストをさらに機能させるために、あなたなら加えてどんな関わり方をするでしょうか?

それらを参考に、実際に職場でコーチ型リクエストを実践してみてください。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

関連記事