Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


未来は過去から

 いきなり「未来」について問われると戸惑うことがあります。

 こんな経験をされたことはないでしょうか?
 (女性の方はこのような経験を男性にさせたことはないでしょうか?)

 突然、奥様や彼女に聞かれる。
 「ねえ、今日外食しましょうよ。どこがいい?」

 いきなりの質問に戸惑い、
 「えっ、、どっ、どこでもいいよ。」

 少しムッとした表情で向こうが返す。
 「どこか行きたいところないの?」

 とりあえず何か言わなければいけないという切迫感から、
 「じゃ、じゃあイタリアン。」

 彼女の眉はさらにつりあがって、
 「この前もイタリアンだったじゃない。ワンパターンね。」

 返す言葉もなく、
 「、、、」

 男としてその瞬間ディシジョン(決断)が求められるわけですが、
 何も浮かばず頭が白くなってしまう。

 もし、これが「優しい」奥様、彼女であれば
 きっと違うアプローチを取るでしょう。

 「ねえ、今日外食したいと思ってるんだけど、、
 あっ、そういえば昨日あなた外で食べたわよね。何食べたの?」

 いきなり未来を決断させるのではなく、まずは過去を思い出させてくれる。

 「えっ、昨日? 上司と寿司食べたんだ。」

 「そうだったの。最近わりと外食が多かったけど、どんなもの食べてたの?」

 さらに過去に遡ってくれる。

 「そういえば、結構和食が多かったな。
 割烹とか。さっぱりしたものが多かった。」

 「そうだったの。
 実は、今日外食しようと思ってるんだけど、何が食べたい?」

 過去から「素材」をある程度集めたうえで、おもむろに未来に振ってくれる。

 「そうだね、たまには力がつくような脂っこいものも食べたいな。
 あっ、焼肉なんかどうだろう?」

 「いいわね! 行きましょう!」

 こんな奥様、彼女が実在するとは思えませんが(笑)、
 相手の未来を引き出すには、まず過去に振るというのが実は鉄則です。

 理由は2つあります。

 一つは、人は、比較対象するものがあると話しやすいから。
 もう一つは、思い出せば答えられるものの方が、
 考えなければ答えられないものよりも話しやすいからです。

 いきなり比較対象するものもなく考えろといっても、
 相手は困惑するのがおちです。

 コーチングの研修に参加したマネジャーの中で、
 すごく盛り上がってくださる方がたまにいらっしゃいます。

 「鈴木さん!コーチングって素晴らしいね!
 これからは俺も部下から引き出すよ!
 引き出して引き出して引き出しまくるよ!」

 そういうのを聞くと、危ないなと思うわけです。
 そういう方に限って、現場に帰って部下にぐぐっと詰めより、
 「おい、お前の夢は何だ?」みたいなことをしてしまう。

 何の前振りもなく白い画用紙を用意されて、
 いきなり、「さあ、君の未来を描いて」と言われても、
 よっぽど普段そのことについて考えていなければ出てはきません。

 それよりは、まず、
 「今やっている仕事の中で、自分で得意だなと思うことは何?」
 「去年一年を振り返って、何をしているときに一番モチベーションが上がった?」
 「そもそも、この会社でどんなことを実現したいと思って入社したの?」
 など、思い出しやすい近くの過去から始めて、だんだん遠くの過去に遡っていく。

 頭の中に未来を語るために必要な材料をイメージさせて、そして未来に意識を振る。
 「ところで、この3年ぐらいで何を達成したいと思う?」

 きっと、部下はこれまで以上に多くのことを語ってくれるでしょう。

 相手の未来を聞きたくなったら、まず過去に振る。
 相手に優しいちょっとしたテクニックです。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事