Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


コーチの舞台裏

 「どんな質問をしたらいいかわからない」

 これは、コーチングを学び始めたほとんどの人が行き着く課題です。

 「コーチングでは、質問を通じて相手から引き出す」
 「コーチは効果的な質問をする」

 というセリフがよく使われています。

 しかし、あまり「質問、質問」と意識をし過ぎると、
 肝心の相手が話をしている間に、次に何を聞こうか考えていて、
 結果としてピントの外れた質問をしてしまうことがあります。

 あるコーチのメンターをしていて、
 私がクライアント役をしたときのことです。

 こちらが話し終わると、毎回3秒くらい間がありました。

 「あの~もしもし? 今、何をしているんですか?」

 「平野さんが話していることを書いていました。
  次の質問は何にしようかと思って・・・」


 質問 Question の語源は、ラテン語のquaerereであり、
 そこから、「探求する」という意味をもつ「Ask, Seek」と、
 「事実を追求する」という意味の「Question」が派生しています。

 "What is this ?"
 "This is a pen"

 というのは、私たちの頭の中にある質問の基本形のように思います。
 コーチングセッションで行う質問で陥りがちなのは、
 このタイプの質問です。

 「あなたの価値観は何ですか?」
 「あなたのゴールは何ですか?」

 価値観を知るのに、直球で「価値観は何?」と聞かれれば、
 その人が日ごろ用意している答えしか出てきません。

 そこで、価値観を知るための質問による棚卸しが必要となるのであり、
 そのための準備がコーチ側には求められています。

 昨年、アメリカの人材育成のカンファレンスに行った際、
 あまりにも多くのテストが出展されているのに驚きました。

 テストは、「診断されるもの、結果を見るもの」と解釈されがちですが、
 実はテストで有益なのは、「質問に答えるプロセス」を提供することにあります。

 ありとあらゆる質問を投げかけられることで、
 自分では無意識に行っている行動パターンに意識を向けることができる。
 それに気づくことで、他の選択肢があることを発見する。

 これはまさに"quaerere"効果です。

 先ほどの価値観の話に戻ると、

 「あなたのことを周りの人は何て言ってる?」
 「今の会社を選んだ動機は?」

 などと質問し、棚卸しするのが効果的であり、
 そのことについて意識を向け、話すことで、
 そこに反映されている自分の価値観に気づくことができるのです。

 私の周りにいる有能なコーチは、コーチングセッションの際に、
 テストの一覧や質問100問など、たくさんのツールを用意しています。

 コーチングセッションの舞台裏では、これらを目の前に広げて、
 そこから適切なものを選び出して使っています。

 棚卸しをする、そのことについてお互いに話す。

 このイメージをもつと、コーチングにおける質問に、
 より広がりが生じてくることと思います。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事