Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


部下から見れば上司は一人

私は高血圧の治療のため毎朝薬を飲んでいます。
1ヶ月ほど前の診察で、その薬を替えることになりました。

ところが、それ以来調子が悪いような気がする。
夜に鼻がつまって眠りが浅いのです。

私は3ヵ月後の次の診察を待たず、相談に行くことにしたのですが、
その予約が一杯で取れません。
仕方なく、予約無しで診察を受けることにしました。
受付の人から、時間がかかるからと念を押され、
私も覚悟して丸1日の休みをとりました。

11時に受付。

予約の患者さん優先なので、空いたときに診察してもらうことになります。
待合室にはいつものとおり大勢の患者さんが座っている。
10分おきぐらいでしょうか、ひっきりなしに診察室に入っていきます。

待っている間に、いろいろなことを考えていました。

絶対に新しい薬が合わないのだと思う。
先生は副作用についてよく説明してくれるだろう。
薬を元に戻すか、違う薬にすれば良くなるに違いない。
これで夜もまた眠れるようになって、元の調子に戻れる。

一人でいろいろと思いをめぐらせていました。

待つこと約2時間。やっと名前が呼ばれました。

「どうされたんですか?」

「先月薬を替えてもらってから調子が悪いんです。
 夜に鼻がつまって、よく眠れないんです」

「え、この薬でそんなことが起こるはずありません。
 朝の血圧はどうなんですか?」

「標準値に下がっています」

「だったらもう少し様子を見てください」

先生は、この忙しいのに何をしに来たんだと言わんばかりです。
一瞬のうちに、いろいろな思いが頭の中をかけめぐりました。

先生も疲れているのはよくわかるけど、
そんなつっけんどんに言わなくてもいいじゃないですか。
わざわざ仕事を休んで来たんだから、少しは話を聞いてください。
インターネットで調べたら副作用に鼻づまりと書いてあったんです。
この人に何を言っても無駄だ。
関係を悪くするくらいなら黙っていよう。
ひどい先生だ。
薬の副作用以外に思い当たることはないのだから、ちゃんと調べて欲しい。
病院を変えてみようか・・・

 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

上司と部下の関係と、医師と患者の関係には、多くの共通点があります。

上司も医師も指導的な立場にある。

患者から見れば医師は一人。
医師から見れば患者はたくさんいる。

部下から見れば上司は一人。
上司から見れば部下はたくさんいる。

面談の場面は、外来の場面ととてもよく似ています。

数少ない面談の機会に、
部下はいろいろと話を聞いてもらいたいと思っている。

あれも話したいこれも話したい。提案したいこともある。
上司と話すことでもっと効率を上げ、会社に貢献したいと思っている。

いろいろと夢をふくらませているのです。

ところが、上司にとってみれば部下は大勢いるわけですし、
しかも分刻みの、立て続けの面談で疲れている。

部下から業務改善についての提案があったとしても、
短い時間の中で十分に話を聞くことができない。
場合によっては、一言で却下してしまうこともあるかもしれません。

上司と部下の間でも、
私が病院で体験したようなことが起こっているのだと思います。

さて、私は病院を替えることにしました。
別の病院に行って、これまでの事情を説明しました。

その医師は、幸い私の話をよく聞いてくれました。
薬の副作用の可能性についてはよくわからないのですが、
いろいろな処方を試してみようということになりました。

医師を替えることは簡単ですが、上司を替えることは難しい。

そういう私も、
今日から全社員に対する分刻みのインタビューが始まります。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事