Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


チャンク

チャンク(chunk)という言葉をご存知でしょうか?

もともとの意味は「塊」。

チャンク・オブ・ブレッドといえば、パンの塊。
チャンク・オブ・チーズといえば、チーズの塊。

コーチングでは、よく「言葉の抽象性のレベル」を表すのに
このチャンクという言葉を使います。

ビッグチャンクというと、大きい塊、つまり言葉の抽象性が高い。
スモールチャンクは、小さい塊で言葉の抽象性が低い。要するに具体的。
ミドルチャンクはその中間。


例えば、人に何かリクエストをするときに、
この3つを使い分けることができます。

わかりやすく、「料理を作ってもらう」ということを例に取れば、

「うまいもの作って」これは、ビッグチャンクのリクエスト。

「子羊と赤ピーマンを使ってフランス料理を作って」は、
ミドルチャンクのリクエスト。

「この素材で、このレシピを使って、このビーフストロガノフを作って」
となれば、スモールチャンクのリクエスト。

仕事で報告書を書いてもらうのに、

「わかりやすく書いて」は、ビッグチャンク。

「最初に結論を書いて、後は時系列に項目を整理して書いて」は、
ミドルチャンク。

「A41枚以内で、まず最初にこれを書いて、次はこれ、次はこれ、
 最後はこの内容を盛り込んでしめてくれ」は、スモールチャンク。


相手に質問するときのチャンクというのもあります。

営業から帰って来た部下に、

「営業どうだった?」
ビックチャンクの質問。

「先方の部長は、提案に対してどんな感想を持たれた?」
ミドルチャンクの質問。

「いくらで見積もりを提示して、いつまでに回答をもらえることになった?」
スモールチャンクの質問。


相手の答えのチャンクをこちらの質問で「移動」させることもできます。

ビッグチャンクをスモールチャンクにしていくことを
「チャンクダウン」といいます。

「営業どうだった?」

「まあまあでした」

「もう少し具体的に教えてくれるか?」

「提案には良い反応を示してくれましたが、
 見積金額に少し難色を示されました」


逆にチャンクのレベルを質問によって上げていくことを
「チャンクアップ」といいます。

「先方の部長の反応はどうだった?」

「提案の内容、予算、納期についてそれぞれ具体的なコメントをいただきました」

「ひとことで部長の反応を表現するとどんな感じ?」

「気に入っていただけたと思います」


チャンクは場面によって使い分けられるのが理想です。

コンプライアンス的なことを部内に徹底させるときには、
スモールチャンクでリクエストし、また質問するのがいいでしょう。

逆に、自由に発想して新商品を生み出して欲しいときなどは、
ビッグチャンクで要望を投げかけたり、細かいことをいちいち聞かずに、
大づかみで進捗を確認するようなスタンスがいいかもしれません。

ただ、おそらくみなさんの周りの人を見てもおわかりになるように、
チャンクには人それぞれの「癖」があります。

スモールチャンクを使う傾向の強い人。
「あの人いつも細かいよな」などと言われてしまうような方ですね。

一方、ビックチャンクを好む人。
「何を言っているのか観念的で中味がさっぱりわからないよね縲怐v
と言われてしまう方。

まずは、周りの方に聞いてみるといいかもしれません。

「私ってビッグチャンカー? ミドルチャンカー? スモールチャンカー?」と。

コミュニケーションをマネジメントにおいて機能させるには、
なんといっても、それをどんな場面においても「戦略的に」使うことです。

意図してチャンクを選べるといいですね。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事