Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


3分間コーチ ~要望する~

3分間コーチは、
コーチングを実際に使う場面の選択に着目しています。

何を話すのか、どうコーチするかではなく、
その場面を見つけ出すための視点です。

場面やタイミングを見つけることができれば、
会話は無理なく起こすことができます。

どんなにコミュニケーションの取り方を練習しても、
実際に使う場面を見つける目が無ければ、
それは使われないままになってしまうでしょう。

コーチする場面やタイミングは、
単に部下を観察しているだけで見つかるものではありません。
時に上司である自分自身から積極的に働きかける場合もあります。

その一つに「要望」があります。

普段から部下に取って欲しい行動、
変えて欲しい行動に「気がついた」ときには、
それをはっきりと要望します。

何をすべきかを諭すのではない。
正論を述べるのでもない。
会社の方針だからと相手に迎合するのでもない。
上から命令するのでもない。

はっきりと「要望」することです。

してほしいこと、してほしくないことを要望することです。
決して脅すのではなく、命令するのでもなく、要望する。

話を聞いてほしいときには、
「わたしが話しているときには、こちらを見て聞いてください」

後輩の育成を求めるのであれば、
「後輩の話を聞いて、彼を育ててください」

納期を守らせたければ、
「納期を守ってください」

目を見て、はっきり「要望」する。

遠まわしな言い方ではなく、
直接、毅然と要望することです。

コミュニケーションとは、基本的に要望することを意味しています。

自分から変化を起こすということは、
自分からコミュニケーションを始めること。
それは、相手に何かを要望することから始まります。

そして、要望に対する反応は、「YES」か「NO」です。

また、簡単に要望が通るとも思えません。

要望を通すために、次に何を試みるかについても予測できます。
自分から起こす変化と、それに伴うストレスはおよそ、予測がついています。
従って、ストレスのレベルもある程度コントロール可能です。

変化にはストレスがあります。

しかし、受身でいるよりは、自分から変化を起こすほうが、
ストレスは少なく済みます。

また、自分に責任感や自律性をもたらす機会になるでしょう

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事