Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


風が強く吹いている

先日、この10月に封切られる予定の映画、
『 風が強く吹いている 』の試写会に行ってきました。

原作は、三浦しをんさんの同名小説。

登場人物は、箱根駅伝を目指す10人。
無名大学の、箱根など、ほど遠い陸上部。

ただ一人、その可能性にかけた主人公のリードで、
一人ひとりの選手が箱根を目指し、
予選会を通過し、箱根を走るという物語。

従来のスポコン(スポーツ、根性)ものと違って、
「がんばる」という言葉も少なければ、
「やる気」という言葉も、ほとんど出てきません。

主人公のハイジ(灰二)は、4年生でリーダー役ではありますが、
特にリーダー風を吹かせることもないし、
ましてや、怒鳴ることもありません。

そうかといって理詰めでチームを牽引するわけでもなく、
淡々と練習をこなし、その先に箱根があると確信している。

映画の中で、彼は、

「短距離の選手は才能がものを言う。
 でも、長距離は、使う筋肉も違うし、
 練習や努力の報われる競技だ」

そう言って、またトラックを走る。

一方、シード校の選手たちは、
ワゴンカーに乗った監督やコーチに怒鳴られながら、
洗練された練習をこなす。

一方は指導され、一方は自分で考えながら走る。

とくに、この小説の問いかけである「走るとは何か?」、
それは、普遍的な人生のテーマである
「生きるとは何か?」にもつながっていて、
「走る」という単純な行為も、
その問いに向き合うことで、
深さを増していくことを感じさせます。

走るシーンは、全編通して美しく、
役者さんたちも、毎日500回の腹筋、
5キロのジョギングなど、数年かけて、身体ををつくったそうです。


この、新しいタイプのスポコン映画では、
リーダーが、一人ひとりの個性を大切にし、
自発性と自律性に働きかけます。

そして、見ている私に、
一人ひとりが走る目的を理解するまでは、
力を発揮することはないのだ、と思わせます。

映画全体に、押しつけがましいところはありません。


映画の中では、コーチという言葉は使われませんが、
ハイジのコミュニケーションの取り方や選手との接し方は、
立派なコーチングでした。


『 風が強く吹いている 』は、汗臭くない、スポコンものでした。

私も走って、体を絞ろうかな?

────────────────────────────

※ コーチングは、意識と行動に変化をもらたし、
組織を活性化させるための人材開発手法です。
 http://www.coach.co.jp/coaching/

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事