Coach's VIEW

Coach's VIEW は、コーチ・エィのエグゼクティブコーチによるビジネスコラムです。最新のコーチング情報やコーチングに関するリサーチ結果、海外文献や書籍等の紹介を通じて、組織開発やリーダー開発など、グローバルビジネスを加速するヒントを提供しています。


コーチングは、日々進化している

コーチングは、日々進化している | Hello, Coaching!
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

日本でコーチングが普及して、およそ10年余になります。この間、コーチングにはさまざまな解釈がなされてきました。たとえば、コーチングというのは、従来の指導法よりマイルドなものだというイメージが定着しているように思います。しかし、コーチングは単に、コミュニケーションをマイルドにしたものではありません。また、他の人材育成の方法と混同されているケースもあります。

アドバイスは、コンサルタントの仕事

しかし、コーチはクライアントにアドバイスをしません。アドバイスは、コンサルタントの仕事です。アドバイスをするということは、本来、もっともコーチしたい部分を奪ってしまうことです。というのも、コーチの仕事は、相手に考えてもらうことだからです。

「こういうときは、こうすればいい」といってしまえば、相手の考える機会を奪うことになります。

コーチの仕事は、クライアントが、自分で考えて、自分で行動して、自分で評価できるところまでもっていくことです。誰かにアドバイスをもらうだけで自分で考えることをしないと、次も誰かに頼らないといけなくなってしまうからです。

スポーツを例に考えればわかりますが、最終的に、走ったり飛んだりするのは選手です。コーチではありません。コーチが、ある特定のやり方を押しつけてしまうと、その人のもつ強みが薄れてしまう可能性があります。また、コーチは、特定の知識を伝授することはしません。必要な情報がどこにあるのかも、特に提示しません。誰かに頼ることなく、情報を自ら取りにいける人材にするのがコーチの役割です。

学校の試験勉強には、正解・不正解がありますが、実社会では、何が正解かわかりません。正解・不正解のない世界では、自分で判断したり、自分で考えていったりすることが求められます。正解はないけれど、それでも自分で考えて、限りなく正解に近づいていく。そういう胆力が求められるのです。

コーチングは、カウンセリングやセラピーではない

さらに、コーチは、私的な内容は扱いません。コーチングは、カウンセリングやセラピーではないからです。もちろん、そういう部分を扱ってもいいのですが、それはすでにコーチングではありません。

そして、もうひとつ。コーチングは、決して万能なわけではありません。ある文献(*)では、主に以下のようなケースで効果的といわれています。

コーチングが効果的なケース

  • パーソナル・コーチング/ライフ・コーチング
  • キャリア・コーチング
  • グループコーチング
  • パフォーマンス・コーチング
  • 新任リーダー・コーチング
  • 関係コーチング
  • ハイ・ポテンシャルまたは開発コーチング
  • フィードバック報告と開発プランを提出するためのコーチング
  • 目標達成のための行動コーチング
  • レガシー(遺贈)・コーチング
    → リーダーが定年退職をする際に、何を組織に残すかについてのコーチング
  • 後継者コーチング
  • プレゼンス/コミュニケーション・スキル・コーチング
  • チーム・コーチング

*(参照)The Executive Coaching Forum 2008 Executive Coaching Handbook


この他にも、セールスコーチ、メディカルコーチなど、その分野は広がっていると思います。

これらのコーチングの基本は共通していますが、そこで使うツールも異なりますし、専門性に応じて特別なトレーニングを必要とします。

コーチは、スポーツ、ビジネスにかかわらず、人が自分の能力を効率よく発揮するために、必要な存在になろうとしています。

コーチは、会話を創り出し、クライアントの考え方や解釈を検証し、再解釈の可能性を開きます。その結果、現在よりも考え方や行動の選択肢を増やし、より高い現実対応力をもたらします。

その過程で、必要なスキルや能力、そしてツールがなんであるかを棚卸しし、それを身につけていくのです。

変わりつつあるコーチングに対する認識

コーチングは、国際社会において、リーダーシップ開発および変化のためのツールとして当たり前のものとなりつつあります。

特に、過去5年間でコーチングに対する認識は大きく変わったと思います。

10年前は、コーチングが何であるかを理解してもらうために、多くの時間と労力を費やしました。

しかし、最近では、多くの企業・組織が、人材開発やリーダー育成、変革のために、コーチングの導入を始めています。

また、近年では、グローバル化によるアジア、アメリカにおける企業の「現地化」を押し進めるために、駐在員に対してコーチをつけるケースも増えています。

コーチングは新手の説得法でもなければ、人をコントロールするツールでもありません。あくまでも、人材開発を目的とした手法です。

また、その手法は、現在進行形で開発中のものです。人と人との関わり、コミュニケーションの取り方、ツールの使い方など、日々進化している領域なのです。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

組織へのコーチング導入や組織リサーチ、グローバル人材の開発についてなど、お気軽にご相談ください。

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事