Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


弱みを活かす

リーダーが「有能」であることは、
人を率いる上で必ず求められるものだと思います。

しかし、「周囲を活かす」ことを考えた場合、
その有能さは、「諸刃の剣」にもなりかねないようです。

大手金融サービス企業のエグゼクティブA氏は、
誰もが認める「超」優秀なリーダー。

リーダーシップに関するアセスメントでも、
周囲の人たちからの回答結果は非の打ちどころのないものでした。

現場の人たちへのインタビューでも、

・周囲はA氏のパフォーマンスを信頼し尊敬している
・A氏の戦略や判断は極めて的確で頼りになる

といったことが口々に語られていました。

しかし、インタビューを進めていく過程で、
私の中で、微妙な違和感が生まれてきました。

A氏について語る人たちの表情が「活き活き」していない。
決して暗くはないものの、笑みや声にも抑揚がなく、
常に冷静、客観的なのです。

ある方にインタビューした際、このことを率直に伝えてみると、
次のようなコメントが返ってきました。

「わかりますよ、それ。
 Aさんは、ある種の天才です。
 私たちには『遠い』存在なんですよ。

 Aさんに言われると、自分はダメなんだな、と思わざるを得ない。
 言われた人は、自分の存在価値を感じられなくなるのでは?

 君たちには無理、と言われるのは分かっていても...
 本当は、もっと任せてほしいのだと思いますよ」

ただ、一度だけ、A氏を「身近」に感じたことがあったそうです。

A氏が、どうしても事態打開の方策が見つからず悩み込んだことがあり、
会議中に、珍しく、本気で弱音を吐いたそうです。

「どうしたらいいか...わからない。
 すまん、誰か助けてくれないか...」

耳を疑う言葉だったようです。
A氏には、いつものオーラはなかった。

「一瞬、ショックでした。
 でも、咄嗟に『この人を助けなければ』と思いましたよ」

そう語る表情は、心なしか嬉しそうでした。

コーチング研究所では、リーダーのどのような行動が
部下のどの行動と関連性が高いのかを、
膨大なデータから割り出そうとしています。

「私はいい仕事をしていく自信がある」と答える
部下の状態と関連性が高いリーダーの行動は、

「ビジョンを魅力的に語っている」や
「部下の強みや得意分野を引き出し、伸ばしている」

という行動であることが見えてきています。

一方で、周囲からあまりにも有能だと思われているリーダーの下では、
周囲の人の「強みや得意分野」が引き出されていないケース
に遭遇することがあります。

勿論、誰もが自分のリーダーには、「有能さ」を期待したいものでしょう。
とはいえ、それによって自分の「存在価値」を打ち消されたいわけではない。

部下には、リーダーに対してこのような
言葉にしづらい「微妙な期待」が存在することを、
次に紹介する運輸業界の現場トップを務めるB氏は
十分に分かっていたのかもしれません。

B氏も、先のA氏と同様、周囲から尊敬を集めるリーダーでした。
現場経験の長さと技能に絶対の自信を持つ、
誇り高いリーダーでした。

インタビューでは、B氏について周囲が語るコメントは概ね好意的でしたが、
B氏の弱みについて、皆が「同じように語る」点が、特に印象的でした。

「Bさんは、人前で話すのが得意ではない。
 本人も言ってますが、口下手です。
 しかし、その点は、彼の右腕である〇〇さんが補佐していますから、
 問題はありませんよ」

「Bさんは、計数管理には弱いんですよね。
 本人も頑張って勉強しているみたいですが、
 まぁそこは、経営企画の〇〇さんが、
 がっちりサポートしていますけどね」

B氏の弱みが、既に皆に「共有」されていること、
その弱みを、「誰かが補う」ように動いていること、
周りがB氏を「助けたがっている」こと、
そういう雰囲気が伝わってきました。

リーダーの弱みが皆に知られ、
助ける人が集まり、チームとして結束している。

B氏の周りでは、そんなことが起こっていそうでした。

ふと、B氏が単なる「有能」なリーダーを超える、
「ある有能さ」を持つことに気づきました。

それは、有能でありながら、自分の弱みをも周りに開示してしまう演出力。
結果、気づかぬ間に、周囲が「主役」になっている。

自らの有能さを磨き、主役として人々をリードする。
リーダーである以上、そこは、周囲から求められ続けることだと思います。

反面、リーダーの輝きは、
傍のメンバーの存在を陰らせてしまうリスクを持つ。

リーダーには、その「微妙なさじ加減」を扱える
「有能さ」が更に要求されているのかもしれません。

有能なリーダーとして尊敬を集めながら、
致命的にはならない自分の「弱み」を使い、
「君が必要なんだよ」ということをメンバーにさりげなく伝える。

「なぜ、私がリーダーになれるのか?
 そうだね...
 それは、周りを『主役』にできるからだよ」

B氏の巧みな「演出」は、
背景にある「強い信念」に裏打ちされているのだと思いました。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事