コーチングの基本

コーチングの歴史、具体的なコーチングスキルなど、コーチングとは何かを知るための基礎知識をご紹介します。


強い組織をつくる!組織活性化を実現したいリーダーがとるべき方法を3つの事例で紹介

強い組織をつくる!組織活性化を実現したいリーダーがとるべき方法を3つの事例で紹介
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

あなたの組織は活性化していますか?

組織の状態は、リーダーであるあなたのあり方が反映されています。
強い組織をつくるリーダーは、具体的にどんな方法で組織活性化を図っているのでしょうか?
今回はその具体的な事例を伝える3つのコラムをご紹介します。

組織を成長させるリーダーのあり方

みなさんの組織は、日々成長していますか?

シンプルに言えば、属する一人ひとりが成長すれば、組織は全体として成長します。たった一人の、桁違いな成長が組織を一気に変えることもあるかもしれません。ただ、組織が長い間、強くあるためには、ひとり一人の成長は欠くことのできないものです。

では、どうすれば、個人は組織の中で成長していくことができるでしょうか?

先日、Jリーグチェアマンの村井満さんに弊社で講演をしていただきました。村井さんはリクルートで人事担当執行役員、グループ事業会社社長を務めた後、Jリーグの再生を託され、チェアマンに転身しました。

この村井さん、チェアマンに就任して、ある事に興味を持ちました。

Jリーグのチームに入って、2~3年で引退に追い込まれる選手もいれば、世界で活躍し代表に選ばれる選手もいる。

その違いはいったい何に起因するのか?

▼続きを読む
https://coach.co.jp/view/20171108.html

変革リーダーに大切なこと

今年は、国内外でリーダーが交代する場面が多々ありました。

今年最後の機会に、「変革リーダー」には どんな姿勢や特性が求められているのか、 フォロワーたちは、どんな期待を「変革リーダー」に寄せているのかを 改めて考えてみたいと思います。

先日、ウェブアンケートで「変革リーダーに必要な特性」について 読者の皆様にお尋ねし、424名の方がご回答くださいました。

結果は以下の通りでした。

▼続きを読む
https://coach.co.jp/view/20121226.html

強い組織が大事にしている2つのコミュニケーション

元メジャーリーガーで、現北海道日本ハムファイターズの投手コーチ、吉井理人さんの講演を聞きました。

吉井さんには、コーチになったばかりの頃の苦い失敗体験があるそうです。力んで投げる若手投手に「力を抜いてみろよ」と、アドバイスしたところ、その選手は「そうですね」とフォームの改良に取り組みました。しかし徐々に彼本来の投球感覚を見失い、最終的には、元のフォームに戻すことすらできなくなってしまった。そんなお話でした。

吉井さんは、この忘れがたい経験を通して、自分の感覚と選手の感覚は別のものであり、自分の考えを伝えるだけでは、選手の力を十分に引き出せないことを痛感したそうです。

その後、吉井さんは筑波大学大学院で野球のコーチングについて学び、今では選手に「どうしたい?」と尋ねるようにしているそうです。

このエピソードからは、上の立場であっても、指示だけでなく、相手の話を聞くコミュニケーションに価値があることが分かります。

こうしたコミュニケーションの重要性は、2009年のニューヨーク上空でも実証されました。

▼続きを読む
https://coach.co.jp/view/20170215.html


この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

部下やチームの力を高め成長を支えたい コーチング型マネジメント を学ぶ

・コーチング型マネジメントを仕事にどう活かせるのか?
・なぜ参加者の98%が、仕事での成果を実感しているのか?

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事