eコーチング

eコーチングは、影響力を高めたいリーダーのためのわずか1分のミニコーチング体験。視点を変える質問と、すぐに試すことができるヒントで選択肢を増やし、リーダーとして起こすべき変化をいますぐ起こしてみませんか。


その質問の目的は?

その質問の目的は?
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

コーチがクライアント(コーチングを受ける人)に質問をする目的の一つは、クライアントが、自分の「前提」となる考え方や、物事の解釈を問い直す機会をつくることです。

そうであれば、一歩下がって、コーチも自分を「検証する」ための「スペース」を創り出したいものです。

クライアントに向けて質問をするとき、自分に向けても問いかける。

「誰のための質問か?」

「何を目的とした質問か?」

「質問をする、その目的は何か?」

質問は、コーチから一方的にクライアントに向けられるものではなく、クライアントとコーチの間におかれるものです。そこでは、たった一つの正しい答えが求められることはありません。

コーチングにおける「質問」の目的は、クライアントから正解を引き出すことではありません。「質問」に「答える」過程で、お互いのあいだに新しい意味や理解を創造することにあります。

そのプロセスは「探索的」なものです。決して、直線的に答えに行き着くわけではありません。

視点を変えたり、時間軸を変えたり、さまざまな考えを巡らせるそのプロセスを、「問い」は求めています。

Coach's view
『問い』は、新しい意味を創造する」より


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

ゴール 質問力

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事