Global Coaching Watch

Global Coaching Watch では、翻訳記事を中心に、世界のコーチングおよびコーチング業界のトレンドやトピックスをお届けします。


世界のコーチング認知度「リサーチ結果から見えること」

世界のコーチング認知度「リサーチ結果から見えること」

国際コーチ連盟(ICF)が2014年に実施した 「コーチング認知度」の調査レポートからの報告第五弾です。

※ この調査における「コーチング」とは、ビジネスコーチング、ライフコーチング両方を含みます


コーチングサービスの市場動向

一般的に、年齢の高い人ほどコーチングについての認知度が低く、コーチングを受けた経験も少ないことがリサーチの結果から見てとることができます。この事実は、コーチングマーケットにとって大きな機会であり、同時にチャレンジともいえます。世界的に高齢化が進み、一人あたりの就業期間が延びていくことが考えられる中。このように働き方に変化を求め、キャリアをより長いものにしたい人に対するコーチングの機会が期待できます。課題は、特に55歳以上の方の多くが「人生の現時点ではコーチングを必要と思っていない」という認識をどう乗り越えるかにあります。

地域別の市場変化

2010年から2013年の間に、ヨーロッパと主要4ヶ国以外の国でのコーチングの認知度が、急激に増加しました。これらの国での経済成長が、コーチにとって非常に大きな機会となり得ます。コーチングに対する認知の増加を、いかにして「実際にコーチングを受ける」という経験につなげるかが課題となります。

資格保持の重要性

資格を保持しているコーチのほうがクライアントから高い満足度を得られるという調査結果が出ています。この事実から、資格を保持しているコーチのほうが、クライアントからの紹介を受ける可能性が高いといえます。このように、資格を保持しているコーチのほうが広いネットワークをもっていて、コーチングのサービスを提供できる機会が増えることが考えられます。

認知度をあげる

コーチングを受けたことない人のうち、コーチングについて何かしらの知識をもっている人のほうが、そうでない人と比較して、コーチングを受けることを考慮する可能性が高いという結果が出ています。この事実から、コーチングサービスのマーケット開拓のためには、コーチングの認知度をあげることが鍵だといえます。

コーチングを受ける人を増やす

コーチングを受けたことのない人が、コーチングを受けない理由は、年代ごとに異なることがわかっています。若い世代がコーチングの必要性を感じていないのに対して、より上の年齢層は、受けない理由として年齢そのものを挙げています。このような人たちにコーチングの必要性を理解してもらい、同時に彼らが感じているコーチングの不必要性を払拭する必要があります。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

コーチング 調査・データ・リサーチ

関連記事