Global Coaching Watch

Global Coaching Watch では、世界のコーチングおよびコーチング業界のトレンドやトピックスをお届けします。


組織にコーチングカルチャーを築く #5 コーチングの取り組みにかかる予算(ICF調査レポートより)

組織にコーチングカルチャーを築く #5 コーチングの取り組みにかかる予算(ICF調査レポートより)

国際コーチ連盟(ICF: International Coach Federation)の最新リサーチレポート『 Building a Coaching Culture with Managers and Leaders (マネジャー、リーダーとともにコーチングカルチャーを築く) 2016 』を数回に分けてシリーズでお届けします。


#5 コーチングの取り組みにかかる予算

今回の調査から、多くの組織がコーチングに特化したトレーニングを提供し、従業員にプロのコーチからセッションを受ける機会を提供していることが明らかになった。

全体として、回答者の所属する組織における研修費用のうち23%が、コーチングの取り組みに割り当てられていたことを示している。近年のHCI / ICF調査結果(2014年には11%、2015年には14%)と比較して、コーチングの取り組みに対する支出が、全体的に大幅に増加していることがわかるが、より強いコーチングカルチャーをもつ組織は、全体の研修予算のうちコーチングの取り組みに対して大幅に多く配分している。

すべての回答者のうち、約3分の1にあたる31%が属する組織内で、予算を組むにあたってコーチングは必須項目になっていることがわかる。この割合は、3回すべてのHCI / ICF調査において、事実上変化がない。

【翻訳】 Hello, Coaching! 編集部

【原文】
Building a Coaching Culture with Managers and Leaders (2016); International Coach Federation in partnership with Human Capital Institute

本記事の著作権は、本記事提供者(原著作者)に帰属します。当社は、International Coach Federationを通じて原著作者より翻訳及び当サイトへの掲載につき許諾を得ています。本記事(翻訳であるかないかにかかわらず)の複製、改変、転写、転載、改ざん、二次利用、部分利用等を無断で行うことは著作権法に違反する場合がありますので、必ず原著作者に問い合わせの上、適切に許諾を取得してください。


この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

グローバルリーダー/駐在員 チーム

関連記事