Global Coaching Watch

Global Coaching Watch では、翻訳記事を中心に、世界のコーチングおよびコーチング業界のトレンドやトピックスをお届けします。


組織にコーチングカルチャーを築く #16 なぜコーチングスキル・トレーニングが望ましいとされるのか(ICF調査レポートより)

組織にコーチングカルチャーを築く #16 なぜコーチングスキル・トレーニングが望ましいとされるのか(ICF調査レポートより)

国際コーチ連盟(ICF: International Coach Federation)のリサーチレポート『 Building a Coaching Culture with Managers and Leaders (マネジャー、リーダーとともにコーチングカルチャーを築く) 2016 』を数回に分けてシリーズでお届けします。


IN YOUR WORDS
なぜコーチングスキル・トレーニングが望ましいとされるのか

(以下、マネジャーの回答より抜粋)

社員のポテンシャルを開発する

「組織力を強化し、社内のあらゆるレベルにおいて次の世代を育てていく目的で、周囲の社員の開発を促すものです。」
「組織を活性化し、社内のあらゆるレベルで後継者プランを構築するために、社員の開発を促します」
「コーチングスキルは社員の力を最大限に活用するために、なくてはならないものです」

キャリアアップ

「コーチングスキルは、個人のスキルを高めることのみならず、キャリアアップにも役立ちます。個人的および仕事上の人間関係を良好なものにする助けとなることと思います」

管理に代わる手段となる

「社員を"管理"しようとする試みに比べると、コーチングは社員を支援するためのより優れたツールだと思います」

(以下、人事・研修・L&D(学習と開発)担当者の回答より抜粋)

マネジャーやリーダーをトレーニングする

「私がコーチングスキル活用のトレーニングを受ける一番の理由は、組織のリーダーやマネジャーがコーチングスキルを使いこなせるような訓練を支援することで、社員たちがパフォーマンスと行動を向上し、個人や組織の成功につなげるためです。」

チームの開発を支援する

「自分のチームを支援し、彼らのパフォーマンス向上のために最大限のポテンシャルを把握し、引き出すために、私にはコーチングスキルが必要です」

「社内コーチング」を社内に定着させる

「私は社内コーチになることに興味があります」

キャリアアップ

「360度サーベイの結果からフィードバックを得て、キャリア開発プランを作成し、成長するために行動する手助けをします。キャリアアップするに従い、自分のスキルの幅と市場性を広げたいと思っています」

チームの機能とコミュニケーションを向上させる

「コーチングは、リーダーと社員との間のコミュニケーションをより円滑なものにすることができます」

【翻訳】 Hello, Coaching! 編集部

【原文】
Building a Coaching Culture with Managers and Leaders (2016); International Coach Federation in partnership with Human Capital Institute

本記事の著作権は、本記事提供者(原著作者)に帰属します。当社は、International Coach Federationを通じて原著作者より翻訳及び当サイトへの掲載につき許諾を得ています。本記事(翻訳であるかないかにかかわらず)の複製、改変、転写、転載、改ざん、二次利用、部分利用等を無断で行うことは著作権法に違反する場合がありますので、必ず原著作者に問い合わせの上、適切に許諾を取得してください。


この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

グローバルリーダー/駐在員 グローバル化/現地化

関連記事