Global Coaching Watch

Global Coaching Watch では、海外コーチのブログ記事の翻訳を中心に、世界のコーチング業界のトレンドやトピックスをお届けします。


左脳思考だけでは不十分な理由

【原文】Leading with Both Sides of Your Brain: Why Strategic Thinking is No Longer Enough
左脳思考だけでは不十分な理由
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

最近、ある革新的なテクノロジー企業のCEOから次のような話を聞いた。
「我が社には非常に優秀な技術エキスパートがいるが、彼らには複雑な情報をまとめて、効果的で有益な情報を提供する力がないため、重要なパートナーに会わせることにためらいを感じている。」
彼女はさらに、その問題がエキスパートたちのキャリアや会社の後継者育成戦略の足かせになっていると語った。

この話を聞いて、私はダニエル・ピンク(Daniel Pink)氏の著書『A Whole New Mind(ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代)』を思い出した。ピンク氏は左脳中心の論理的思考は重要であるが、それだけでは不十分だと論じている。会計や調査など、左脳中心の仕事は、今は海外に流出している。成功するためには、戦略的に考える能力と右脳的な能力を組み合わせ、新しい知見をいくつも生み出し、それらを結びつけ、魅力的な方法でコミュニケーションを行う能力が必要である。

リーダーが備えるべきは「実践知」と「ビジョン」

このことは、ベイツ・コミュニケーションズが実施したエグゼクティブ・プレゼンスに関する調査、つまり、従業員を関与させ、刺激し、連携させ、行動させるリーダーの資質に関する調査でも証明されている。

エグゼクティブ・プレゼンスを評価する2つの具体的な基準は、「実践知」(非常に優れた洞察力や判断力を持ち、問題の核心に到達して賢明な判断を下せること)と「ビジョン」(刺激的で理想的な会社の全体像を提示するとともに、新たなトレンドを認識して戦略に全面的に関与すること)である。どちらもリーダーの信用に欠かせないものであり、左脳思考と右脳思考の両方が必要だ。

リーダーたちに「実践知」を高めるよう助言する場合、しばしば問題となるのは、知識の有無ではなく、他者が必要としている判断や洞察を提供しているかどうかである。多くの場合、どのように洞察を伝えているかが問題となるのである。リーダーは知る必要がある情報をすばやく入手できているだろうか?あまり役に立たない情報や意味のない情報に埋もれていないだろうか?

また、「ビジョン」とは、戦略的思考と発想力の両方を働かせることで得られるものである。これについてリーダーと話し合うとき、多くの場合、不足しているのは発想力である。

右脳思考の鍛え方

では、左脳型のリーダーはどのようにして右脳思考を発達させることができるのだろうか?

(1)最も重要なテーマを伝える

自分の考えを、最も重要な3~5個のテーマにまとめる、そして、それぞれのテーマに関連する3つのポイントを、短い箇条書きの形でまとめる練習を定期的にしてみること。些末な情報を整理することで、コミュニケーションの上級レベルに到達することができる。頭の中から余計なものを取り除き、他者が理解しやすい形に考えをまとめられるようになるだろう。

(2)大きな構想を伝える

会議の始めから終わりまで退屈な近況報告しか行われず、うんざりした経験は誰でもあるだろう。文書で伝えたほうがはるかに効率的に伝わる話を会議中にする必要はない。その代わりに、重要なアイデアを提示し、その実現方法について話し合うべきである。

「大きな構想を伝える」とは、成果や具体的なビジネス上のメリットを一文で簡潔に提示することである。説得力のある大きな構想を作り上げる能力は、右脳思考の優れた実践方法であり、確実に自分と他者を差別化できる方法である。

(3)ストーリーを伝える

さまざまなビジネスの場面で使うことができるストーリーを、3~5個程作ってみよう。ストーリーテリング(物語を作り、読み聞かせること)は、聞き手の頭だけでなく心にも届くことが求められる高度なコミュニケーション手法である。

通常、思考は頭で行うが、意欲や決断は感情や気持ちの影響を受ける。ストーリーテリングを行うことで、あなたのビジョンに対する相手の認識を効果的に高めることができる。こちらのブログ記事では、ビジネスに関係したインパクトのあるストーリーの作り方を紹介している。


これらの3つの手法を繰り返し着実に実践することで、あなたは右脳思考を強化できるだけでなく、より明確なコミュニケーションを行えるようになるだろう。その結果、信頼できるリーダーとして認められるようになるだろう。

ダニエル・ピンク氏の研究やベイツ・コミュニケーションズの調査が示しているように、これらの右脳思考の特性は、効果的なリーダーシップや将来のキャリアアップのために欠かせないものであり、ポストが限られた上級管理職に昇進するためには、特に不可欠なものである。

【筆者について】

ジャクリーン・ブロドニツキ(Jacqueline Brodnitzki)氏は、Leadership Coachingのディレクターとして、経営層を対象に事業展開の加速化をサポートしている。前職はエグゼクティブ・コーチングとコンサルタントを提供する Conscious Successの代表取締役。『Conscious Success: The 5 Step Process To Dissolve Stress, Increase Productivity and Find Your Flow At Work』の著者。

【翻訳】Hello, Coaching! 編集部
【原文】Leading with Both Sides of Your Brain: Why Strategic Thinking is No Longer Enough (2018年12月18日にBatesのResearch and Resourcesに掲載された記事の翻訳。Bates Communications Inc.の許可を得て翻訳・掲載しています。)
Article translated with permission of © Bates Communications 2019


この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事