Global Coaching Watch

Global Coaching Watch では、海外コーチのブログ記事の翻訳を中心に、世界のコーチング業界のトレンドやトピックスをお届けします。


難しい目標を持ったメンバーのモチベーションをどう上げるか

【原文】How Leaders Can Make Daunting Goals Realistic, Exciting, and Achievable
難しい目標を持ったメンバーのモチベーションをどう上げるか
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

私の息子のティムはアレゲニー・カレッジ(Allegheny College)で陸上選手をしている。秋学期と春学期に数か月にわたり、クロスカントリーと陸上競技の大会が開催されるが、トレーニングはほぼ1年中行われる。昨年の夏、息子はコーチから、「夏休みが終わる前の数週間は、週40~50マイル(約64km~80km)走ること。それができたら、次は週70マイルを目標に走るように」と指示を受けた。

ご想像のとおり、この距離を毎週走るのには努力を要する(通常は1マイル(約1.6km)約7分のペースで走る)。学期中のようにチームメイトと一緒に走るならまだしも、この距離をほとんど一人で走る場合、これは特に厳しい。モチベーションを保つのが難しいだろう。

そんな中、7月末にコーチから息子とチームメイト宛てに次のようなメールが送られてきた。その内容を見て、私は驚いた。

「2012年、今日と同じ7月25日に、アレゲニー・カレッジの3年生だったボビー・オーバーが、自宅から11マイルのランニングを完走した。平均6分55秒のペースで、青のブルックス ゴーストのランニングシューズを履いていた。ランニング中に目立ったことは何もなかった。前日に走った11マイルと何も変わらないランニングであったし、翌日の12マイルのランニングもほぼ同じだった。」

「4か月後、ボビーは全米大学体育協会(NCAA)全国選手権で2位の座についた。」

「トレーニングは競技のように華やかではない。その効果はゆっくりと着実に、時間をかけて現れる。ボビーは1回のトレーニングでは2位になれなかった。1日だけでは目標は達成できない。毎日同じように懸命にトレーニングすることで、目標を達成できる。雨でも晴れでも、暑くても雪が降っていても、疲れていても調子がよくても、外に出て走ることが大切だ。」

このメールだけが要因ではないと思うが、息子は最近行われた8kmのクロスカントリーレースで、自己ベストを75秒以上上回り、大学生の選手325人中、35位になった。

困難な目標や夢を実現可能なものにするには

私がこの経験から学んだのは、リーダーは「どんなに困難な目標や夢でも、それを刺激的で実現可能なものにすることができる」ということだ。これは、ベイツ社 エグゼクティブ・プレゼンス・インデックス(Bates Executive Presence Index:Bates ExPITM)の「ビジョン」カテゴリの中でも同じことが示されている。

ExPITMのすべてのアセスメント・データを調べると、「ビジョン」は15個あるカテゴリーの中で最も評価が低い。「困難な目標」に関わる項目は、全90個のアセスメント項目の中で最下位に近い。この行動(困難な目標に対するビジョンを示すこと)はリーダーの上司、同僚、部下には気づかれにくいものであることがわかる。

しかし、先ほど紹介したコーチの短いメールを見れば、この重要なリーダーシップが的を得ていることを確信することができる。

メンバーにビジョンを示す効果的なストーリーの伝え方

  • 共感できるストーリーを伝える
    ストーリーを聞くと、人は頭を働かせて考え、心を動かして気にかけ、体を動かして行動する。聞き手が共感する人物に関するストーリーなら、なおさら効果がある。

  • 短くまとめる
    短いストーリーは記憶に残るため、効果的である。

  • 困難を偽りなく伝える
    必要な課題に関して困難なことや面倒なことを明示することで、信頼性が高まる。

  • ストーリーから学びを持ち帰らせる
    聞き手は行動への喚起を求めている。自分のストーリーから何を受け取ってほしいか、話を聞いた結果どのような行動を取ってほしいかを考えよう。

定期的にストーリーを伝える習慣を身につけるとよいだろう。もしあなたのチームが達成が困難な目標に向かっているのであれば、毎週、直接またはメールでストーリーを伝えることをお勧めする。自分の努力が報われた人の話でもよいし、小さくても重要な一歩を踏み出し、変革を実現して、徐々に成功を収めていく人の話でもよい。

どのような話をするにせよ、困難な目標を達成可能だと思わせるストーリーをリーダーが伝え続けることで、「遠くの目標」を「実現可能な夢」に大きく変えることができる。

筆者について

スコット・ウェイハート(Scott Weighart)氏はベイツ社で学習開発のディレクターを務め、エグゼクティブを対象にした革新的なツールやコンテンツを開発している。

【翻訳】Hello, Coaching! 編集部
【原文】How Leaders Can Make Daunting Goals Realistic, Exciting, and Achievable(2019年12月17日にBatesのResearch and Resourcesに掲載された記事の翻訳。Bates Communications Inc.の許可を得て翻訳・掲載しています。)Article translated with permission of (C) Bates Communications 2019


この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事