リーダーシップミニ講座

リーダーシップとは、リーダーという立場にある人だけに必要なものではありません。どんな役割、立場にある人にも、リーダーシップが求められます。優れたリーダーは、周囲とどのように関わり、どのように物事を推進しているのか。ワークに取り組みながら、コーチ型リーダーのコミュニケーションについて学ぶためのミニ講座です。


コーチ型リクエストで「能力」と「成長」を最大化する 第1回 はじめに

コーチ型リクエストで「能力」と「成長」を最大化する 第1回 はじめに

リーダーシップミニ講座、シリーズ7のテーマは「リクエスト」です。

第1回 はじめに
第2回 リクエストについて再考する
第3回 リクエストのタイミングとポイント
第4回 コーチ型リーダー、コーチ型マネジャーのリクエスト
第5回 相手に合わせたリクエスト

第1回 はじめに

部下やチームに対して、あなたはよくリクエストするほうでしょうか、それともあまりリクエストはしないほうでしょうか。

「リクエスト」に対して、するのもされるのも怖い、もしくは面倒なものだ、というイメージを持つ人は意外に多いようです。その結果、部下やチームに対してリクエストすることをためらったり、ストレートなリクエストの代わりに遠回しなコミュニケーションをしてしまう、ということも少なくありません。

一方、コーチ型リーダーは、必要に応じて、率直にリクエストします。

なぜなら彼らは、「リクエスト」を通して、

  • 相手が限界を超えて能力を発揮すること
  • 相手が思考範囲を広げること
  • 相手がスキルを伸ばし、成長していくこと

をサポートできると知っているからです。

つまり、相手の「可能性」や「成長」を引き出すこと、そして、相手に「挑戦」させることを目的に、コーチ型リーダーはリクエストをします。

今回は、そうした「コーチ型リクエスト」の特徴、方法について全4回で紹介していきます。

「コーチ型リクエスト」のアセスメント

まずは、あなた自身のリクエストスキルを棚卸ししてみましょう。

以下に挙げるのは、「コーチ型リクエスト」の特徴です。現在のあなたに当てはまるもの、そして、当てはまらないのはそれぞれどのような点でしょうか。チェックしてみてください。

□ リクエストが、部下やチームにもたらす効果やメリットについて理解している
□ 自分の要求に応じさせるためでなく、相手やチームの成功や成長のためにリクエストしている
□ 必要に応じて、ストレートにリクエストすることができる
□ 相手にはリクエストを断る権利があることを尊重している
□ 指示や命令と混同したリクエストをすることはない
□ リクエストの内容は、挑戦を必要とするものの、相手なら実現可能だと心から信じている内容である(決して無茶ぶりはしない)
□ 相手のタイプに応じて、効果的なリクエストの仕方をしている
□ 自分がリクエストするだけでなく、相手にもリクエストさせている
□ チーム内に、成長につながるリクエストをしあえる雰囲気をつくりだしている

コーチ型リクエストを身につけるためのミニワーク

上記のアセスメントで、チェックがつかなかった項目から1つ選び、1週間、それを意識してリクエストを実行してみましょう。

1週間経ったら、振り返りを行います(できれば、部下や同僚からフィードバックをもらいましょう)。その項目内容が身についていたら、次に身につけたい項目に移りましょう。

もし、まだ身についていないと思うときは、「どうしたら身につけることができるか、実践できるか」についてコーチングを受けたり、メンターからアドバイスをもらったりして、引き続き取り組んでみてください。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

関連記事