マネジメントに使えるコーチング

マネジメントに変化を起こしたいなら、スキルを学ぶよりまずは部下と話す時間をつくること。毎回じっくりと話す必要はなく、日常の必要な場面で短く話すことのつみ重ねが、やがて部下やあなたのマネジメントに変化をもたらします。その最初のステップや「1on1ミーティング」にも活用できるヒントがここに!


コラムで読むコーチング事例(3) 自分から変化を起こすためには

コラムで読むコーチング事例(3) 自分から変化を起こすためには
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

これまでHello, Coaching!で掲載した選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。

さまざまな組織でコーチングがどのように機能しているのか、リーダーたちがどのようにコミュニケーション変革に挑んでいるのか。どんな関わりが人を活かし、組織を動かすのか。
事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

変化を起こすには、まず「自分」から行動することが大事です。
とはいえ、まずは何から、そして、具体的にはどうやって変化を起こせばいいのでしょうか。

今回は、自らが変化することに着手したリーダーの事例をご紹介します。

あなたが今変わりたいと思っていることは?
あなたにとって今最も必要な変化とは?
あなたの何が変われば、あなたのチームも変わると思いますか?

ぜひ「あなた自身の変化」についても思いをめぐらせながらお読みください。

変化への処方箋

変化を加速すべくコーチングを開始した社長A氏。彼が変化のために再定義したものとは?そして、手にした「変化への処方箋」とは? > 記事を読む

変化を求める心を作る

まず起こすべきは小さな変化。あるリーダーが取り組んだのは「毎日一人、普段あまり話さない社員に声をかけること」。その1ヶ月後に起きたのは? > 記事を読む

上司の変化が、部下の人生を変える

部下から「Aさんとは、話したいことが、話せません。」と言われ絶句したA氏。彼が取り組んだこととは?その結果起こったことは? > 記事を読む

アンケートレポート

劇的な環境変化の中でわたしたちができることはなにか
https://coach.co.jp/info/20200519.html
新型コロナウイルスの影響で働く環境も大きく変化する中、1500名を超える方から、この難曲を乗り越えるための知恵と工夫をお寄せいただきました。新たな変化のヒントにぜひご一読ください。


※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

コラムで読むコーチング事例 コーチング事例

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事