マネジメントに使えるコーチング

マネジメントに変化を起こしたいなら、スキルを学ぶよりまずは部下と話す時間をつくること。毎回じっくりと話す必要はなく、日常の必要な場面で短く話すことのつみ重ねが、やがて部下やあなたのマネジメントに変化をもたらします。その最初のステップや「1on1ミーティング」にも活用できるヒントがここに!


コラムで読むコーチング事例(77)立ち止まることの価値

コラムで読むコーチング事例(77)立ち止まることの価値
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

これまでHello, Coaching!で掲載した選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。


さまざまな組織でコーチングがどのように機能しているのか、リーダーたちがどのようにコミュニケーションの変革に挑んでいるのか。どのような関わりが人を活かし、組織を動かすのか。
事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

変化も多く、そのスピードも速い日々を生き抜くために走り続ける私たち。
だからこそ、ときどき立ち止まって選択し直すことがとても重要なのではないでしょうか。

では、どんな風に立ち止まり、また走り出すことができるのか。
今回はそのヒントとなるコラムをご紹介します。

自分の中に問いをもつ

「気持ちよく働いて欲しい」という想いで部下と関わるものの、気づけば説教モードに...。そんなマネージャーが自分に問いかけたのは? > 記事を読む

先に進むために立ち止まる

立ち止まり、振り返るからこそ未来に向けた選択肢が生まれる。そんなサイクルを実現したB氏の日々の習慣とは? > 記事を読む

私は「~を選んで」いる

社員にもっと主体者意識を持ってもらいたい。そんな取り組みの中で、CEOであるA氏が立ち止まり自らに問いかけたのは... > 記事を読む

バックナンバー

コラムで読むコーチング事例
選りすぐりの記事の中から、マネジメントに役立つ事例をテーマ別にピックアップ。
事例を通して、具体的なコーチング活用のエッセンスをお届けします。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

この記事を周りの方へシェアしませんか?

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

コラムで読むコーチング事例 コーチング事例

コーチング・プログラム説明会 詳細・お申し込みはこちら
メールマガジン

関連記事