コーチングツール活用講座

部下などに対するコーチングの実践やセルフコーチングに使えるさまざまなツールを紹介するコーナーです。ツールをうまく使いこなして、コーチングをレベルアップさせましょう。


「技あり」リストでパフォーマンスアップ

「技あり」リストでパフォーマンスアップ
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

リストアップの「力」を活用する

日常的に、やるべきことを「To Doリスト」を使って管理しているという人は、数多くいるのではないでしょうか。「To Do リスト」は備忘録になりますし、全部にチェックがついたときの達成感もまたうれしいものです。

しかし「リスト」には、単なる備忘録以上の「力」があるのをご存知でしょうか。今回は、プロのコーチが活用する、ちょっと「技」ありのリストアップ法を紹介します。できあがった「リスト」自体はもちろん、リストアップするそのプロセスで得ることもたくさんあります。

今までとはちょっと違うリストを作って、パフォーマンスアップしてみませんか?

単なるリストでは終わらせず、実行力をサポート!

To Do と一緒に優先順位もリストアップ

やることリストをつくるときに、項目のリストアップに加えて「優先順位」づけまで行うと、さらに効果的です。項目がズラッと並ぶリストを前に圧倒されたり、疲弊したりすることがなくなります。

優先順位をつけて項目をカテゴライズすることで、はじめの一歩が踏み出しやすくなるばかりでなく、タイムマネジメントやエネルギーマネジメントの質を高めることもできます。

「今月の優先順位リストアップ」(コーチヴィルより)

優先順位が高いものに取り組む際に、「プライムタイム(自分にとって最も効率が上がる時間帯)」を意識すると、さらに効果的です。

参考:プライムタイムとは?
eコーチング「あなたのパフォーマンスが最も高い時間帯はいつですか?」

「なぜ」を明確にしてモチベーションアップ!

理由も一緒にリストアップしてみよう

自分がマスターしたいスキルや達成したい目標をリストアップするときには、それをマスターする利点、つまり、「なぜそれをマスター(達成)したいのか」を合わせて書くようにします。

「マスターリスト」(コーチヴィルより)

それをマスター(達成)すると、

  • どんないいことがあるのか?
  • どんな未来が待っているのか?
  • 次に何につながるのか?
  • 自分にとってどんな意味があるのか?
  • 自分や人生にどんな変化が起こるのか?

こうしたことが明らかになると、目標は、「have to(しなくてはならないこと)」から「want to(したいこと)」へとシフトし、モチベーションが高まります。そうすると、行動が促進され、取り組みのプロセスも楽しいものとなります。

過去から学び、自分を理解するツールにも!

過去にあなたが達成してきたことは?

日常生活におけるリストづくりといえば、「To Do リスト」「ゴールリスト」といったように、未来に向けのものが多くあります。しかし、リストが機能するのは、「未来に向けて」だけではありません。

「過去」の情報をリストアップしてみると、過去の体験から改めて学ぶとともに、自分が持っている強みや才能、価値観を知ることができます。また、自分自身への大きなアクノレッジメントにもなります。

「達成したことのリストアップ」(コーチヴィルより)

こうした「過去」についてリストアップすることは、「未来を描く」ためにも役立ちます。これまでどんなことを成し遂げ、どんな成果に満足を感じるのか。過去の体験には、未来を描くための材料がたくさん詰め込まれているからです。

参考:過去について質問すると、未来が見えてくる
Coach's VIEW「未来は過去から」

この記事はあなたにとって役に立ちましたか?
ぜひ読んだ感想を教えてください。

投票結果をみる

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事