Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


第二フェーズへ向かうコーチング業界

11月13日から15日まで、アメリカのデンバー市にて、
2003年国際コーチ連盟(ICF)大会が行われました。
総勢1200人のコーチたちが一同に集結、非常に活気のある大会となりました。
また、参加者の評価からは「今までで最高の大会」だったとの声を多く聞きました。

私も、今年のカンファレンスに参加して、
コーチ同士のネットワークが強化されたと感じています。
過去4年間参加して、同じように多くのコーチたちと
出会ってきたのですが、今年は明らかに違っていました。

今年の特徴を一言で伝えると「派手な個人技から、堅実な財産の共有化へ」でしょう。
アメリカのコーチングにおけるパイオニア、トマス・レナード氏が
今年死去したこともひとつの要因だったように思います。
彼はある意味では「カリスマ性」をもっており、確かに魅力を放っていました。
派手なパワーポイント、圧倒される量のコンテンツ、湧くように出てくるアイディア。
それに影響を受けたコーチたちが大半の分科会を占め、どこかショーアップされていました。
参加するたびに私としては、
「わかるけど・・・、これ、使えるのかい?」という印象を受けたものです。

レナード亡き後、浮上してきたのが、確実にコーチングを広げてきた
コーポレートコーチやエクゼクティブコーチたちの存在です。
それは分科会のラインアップにも表れ、今年はコーチングに関する学術的評価、
リサーチ結果、エクゼクティブコーチングや企業におけるコーチングの成果発表など、
コーチングの有効性についてのナレッジが共有されていきました。
(リサーチの内容は、ICFのウェブサイトから見ることができます。)

また、アジアやヨーロッパから参加している人たちの姿も多く見られました。
フランスやドイツのコーチと話していると、いつも面白いのですが、
彼らは「私たちはアメリカ人と違って堅実でビジネスで通用するコーチングをやってる」
と鼻息を荒くして話します。
私も、日本におけるコーチングの発展と似た傾向が、
世界的に起こっているのを感じています。

「この人たちとつながりをもって、情報やノウハウを共有していこう」という
態度を持つことが刺激されるようなカンファレンスでした。

これからコーチングを取り巻く環境は、第二フェーズを迎えるのだと感じます。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事