Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


チームに期待するもの

コーチは単に個人をコーチングしているのではなく、
個人が影響するチーム全体を視野にいれながら、コーチングをします。

そこで、2週間ほど前、
社内で「チームに個人は何を期待するか」について、
2つの質問をしました。

1.あなたはチームというものに何を期待しますか?
2.あなたがチームの一員であることで、手に入れているものは何ですか?

ここでは全部の回答を紹介することはできませんが、
要約すると次のようなものになります。

 ・ チームの一員としてのアイデンティティー
 ・ コミュニケーションが保障された場
 ・ 学習の機会
 ・ 複数の視点
 ・ モデルを身近に見ることができる
 ・ フィードバックを受けることができる
 ・ 自分が貢献する対象
 ・ 相乗効果
 ・ 共感

などです。

チームは、個人にとってベースステーションのような役割を持っていて、
常にチームと行動を共にしていなくても、
そこに戻ってくることで、自分の知識や経験をシェアし、
他のメンバーから新鮮な刺激を受けることができます。

また、自分を振り返り、フィードバックを受け、
自分のやり方や考え方の選択肢を増やすこともできます。

もちろんチームのメンバーであることによる代償もあります。

ひところ、組織に縛られず、
一人で気楽に仕事をするというのがかっこいい、
組織にしがみつているのはかっこわるい、という風潮がありましたが、
ここにきて、スタンドアローンになることで失われる、
成長や学習の機会が、決して少なくないことが明らかにされてきています。

しかし、代償を差し引いたとしても、
チームの一員であることのメリットは大きいと思います

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事