Coach's VIEW

Coach's VIEW は、コーチ・エィのエグゼクティブコーチによるビジネスコラムです。最新のコーチング情報やコーチングに関するリサーチ結果、海外文献や書籍等の紹介を通じて、組織開発やリーダー開発など、グローバルビジネスを加速するヒントを提供しています。


変わるのか、それとも代わるのか

変わるのか、それとも代わるのか | Hello, Coaching!
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

社内で360度フィードバックを行いました。

コーチ・トゥエンティワン(現コーチ・エィ)をはじめとして、関連会社も含めた全マネージャーが対象です。もちろん私も例外ではありません。私には27人の部下と上司である社長、計28人からの答えが集計されて返ってきました。

「部下の話を最後まで聞くことができる」という項目に対して、「殆どない」につけた人が4人。

それ以外にも、「部下が話しやすくなるような態度や言動を取っている」という項目は、「殆どない」が5人。

「部下が自ら考え、問題解決を促進するようにしている」にいたっては「殆どない」が4人、「まったくない」が1人と、コーチ会社の副社長としては、なかなか受け入れられない結果なのです。

しばし自分のマネジメントに対する姿勢を考えさせられました。

先日、美容室をチェーン展開している経営者と話す機会がありました。

「今の時代は、技術や価格では差がつきにくくなっているので、最終的にはお店の雰囲気とか、スタイリストの接客が勝負になるんです。そこでスタイリストに対して、マナーの研修とか接客の研修とかをするわけですよ。でもね、桜井さん、結局は店長次第なんだよね。店長が変わらなければ何をやっても無駄なんですよ」

私のコーチがよく言うのです。

「マネージャーは部下を変えようとするけれど、本当は、マネージャーが変わるか、マネージャーが代わるかにして欲しいよね!」

私はそのセリフを丸ごといただいて、コーチングの研修などで経営者の方々にお話するわけですが、いざ、自分のこととなると、ここだけの話ですが、多少逃げ腰になっている自分を感じているのです。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。転載、その他の利用のご希望がある場合は、編集部までお問い合わせください。

コーチング・プログラム説明会 詳細・お申し込みはこちら
メールマガジン
メールで送る リンクをコピー
コピーしました コピーに失敗しました

関連記事