Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


コーチとして認定されるには

最近、コーチを雇う人が次第に増えてきました。
その際、どういう基準でコーチを選択したらいいのか、
教えてほしいとリクエストされます。

国際コーチ連盟(ICF)では次のように謳っています。

「コーチを雇う際には、次の3つを確認し、いずれかに該当する人を選ぶこと。」

1.ICFの認定コーチであること
2.ICFの認定コーチを取得するための勉強をしていること
  (ICFから認定されているコーチ育成プログラムで学んでいること)
3.このコーチ自らが、
  ICFの認定コーチからのコーチングを受けていること

現在ヨーロッパでは、コーポレートコーチ
(会社に入ってコーチとしてのサービスを提供する)の条件として、
ICFの認定を持っていることがあげられます。

ICFのコーチ認定制度は以下の通りであり、
厳しい審査を通過した人が認定コーチとして認められています。
ここで、あらためて、内容をご紹介したいと思います。

▼プロフェッショナル認定コーチの条件

- ICFの定める「コーチング」の定義、コア・コンピタンシー、
  倫理規定に関する同意書に同意する
- コーチ・トレーニングを200時間受講していること。
- 750時間のコーチング・セッションに関する書類を提出する
  (うち無料セッションは75時間以内に限る)
- 5人のコーチング・クライアントからの推薦状
- 2人のICF認定コーチ(PCCまたはMCC)による、
  コーチングスキル・経験などに関する証明書を提出する
- コーチ業界に貢献していることを示す証明
  (本の出版、ICF・日本コーチ協会の活動、ボランティア活動ほか)
- ICFの認定コーチ・トレーニング・プログラムの
  プログラム修了証を提出する

▼マスター認定コーチの条件

- ICFの定める「コーチング」の定義、コア・コンピタンシー、
  倫理規定に関する同意書に同意する
- コーチ・トレーニングを200時間受講していること
- 2500時間のコーチング・セッションに関する書類を提出する
  (うち無料セッションは250時間以内に限る)
- 10人のコーチング・クライアントからの推薦状
- 3人のICF認定コーチ(PCCまたはMCC)による、
  コーチングスキル・経験などに関する証明書を提出する
- 現在コーチとして活動していることを証明するもの3種提出する
- コーチ業界に貢献していることを示す証明
  (本の出版、ICF・日本コーチ協会の活動、ボランティア活動ほか)
- ICFの認定コーチ・トレーニング・プログラムの
  プログラム修了証を提出する

※なお、この条件は、ICFが定める
  認定コーチトレーニングプログラム(ACTP)修了者が対象となっており、
  それ以外の修了者については、別の申請条件があります。

  認定を取得するには、国際コーチ連盟に申請することが必要です。
  なお、日本語にての申請は、日本コーチ協会にて、
  翻訳の代行サービスを行っています。

  コーチの認定資格を持っている人は、
  2つのことが証明されるといえるでしょう。

  1:コーチングに特化した教育を受けていること
  2:実際にコーチングの実績を持っていること

  特に、2に関しては、プロフェッショナル認定コーチは750時間、
  マスター認定コーチは2500時間のコーチングをしている証明になります。

 コーチングを勉強している方は、ぜひ、
 この認定取得を目指していただきたいと思います。


<$MTPageAuthorURL$>
国際コーチ連盟 認定について▼


日本コーチ協会 認定取得翻訳代行サービスについて▼

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事