Coach's VIEW

Coach's VIEW は、最新のコーチング情報やリサーチ結果、海外文献の紹介を通じて、組織改革や人材開発、リーダー開発グローバルビジネスを加速させていくヒントを提供するコラムです。


答えが得られない究極の質問

国土の広いアメリカでは、電話会議がよく使われます。
電話会議を使ったコーチングは「グループコーチング」と呼ばれており、
ワン・オン・ワン(1対1)のコーチングと同じくらい盛んに行われています。

さて、私は現在、6人のメンバーとともに
アメリカのグループコーチングを受けています。
そのコーチは、バイロン・アースデール氏。
電話会議における効果的なリーダーシップの発揮と
コミュニケーションスキルの向上を専門としています。

今日は、グループコーチングでのコーチからの質問について話題が集中しました。

最初にバイロンはこう質問しました。

「参加者が自由に質問したり、発言できるようにするには、
 コーチとして何に気をつければいいでしょうか?」

Aさん「誰かが発言したらそれをまず承認する」
Bさん「その前に、冗談を言ったりして気楽な雰囲気を作る」
Cさん「あなたの体験をぜひ聞かせてくださいと伝える」

バイロンはこのように言いました。

------

私は以前、何か質問がありますか?(Any questions?)と聞いていました。
しかし、これが非常に愚劣な質問だということに気づくのに、
数年かかったのです。

何か質問はありますか? と聞くとたいてい、シーンとなってしまう。
なぜだろう、と思っていたのですが、
実はこれは、人から質問を引き出すようでいて、
実は『質問はあるかないか』、
イエスか、ノーか、という選択を迫っているだけだったんです。

だから、こういう質問をするようにしたんですよ。

『今学んだことを、コーチとしてすぐに実践する中で、
 何か障害となるものがあるとしたら何ですか?』

するとみんな考えるんですよ。一生懸命。

逆にね、僕はこれ以上質問して欲しくないときに
『何か質問ありますか』と聞くんだよ。あはは。

------

私も、よくグループコーチングの中で、
誰も発言しなくて苦心することがあるのですが、
その時に必ずしているのが「何か質問はありますか?」というものです。

コーチングには、発想を促すオープン・クゥエスチョンと、
イエス・ノーを聞くクローズド・クェスチョンがあることは
知っていますが、まさか質問はありますか、という
究極のクローズド・クゥエスチョンをしているとは私も気づきませんでした。

次回からは、「何か質問はありませんか?」
にとって代わる質問を10個ほど用意して
グループコーチングに挑みたいと思っています。

※営利、非営利、イントラネットを問わず、本記事を許可なく複製、転用、販売など二次利用することを禁じます。

関連記事